新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、2年振りの開催となった「日本レースクイーン大賞」。2021年にサーキットを彩ったレースクイーンの中から、ファンの人気投票によって大賞およびグランプリが決定。SUPER GT、SUPER FORMULA、スーパー耐久など、2021年も400人を超えるレースクイーンたちが様々なカテゴリで活躍。1月15日に、幕張メッセで開催された「東京オートサロン2022」のイベントステージで、授賞式が行われました。

【関連記事】
艶やかなコンパニオンも返ってきた!【東京オートサロン2022】

 

「MediBang日本レースクイーン大賞2021」の大賞受賞者は、相沢菜々子さん、今井みどりさん、太田麻美さん、川瀬もえさん、安田七奈さんの5名。そしてその中から、2021 Pacific Fairiesの川瀬もえさんが見事「グランプリ」に輝きました。

↑写真左から、相沢菜々子さん、今井みどりさん、川瀬もえさん、太田麻美さん、安田七奈さん

 

↑川瀬もえさんは、新人部門のグランプリも受賞。新人部門と日本レースクイーン大賞のグランプリ同時受賞は史上初の快挙。グランプリ受賞後のスピーチでは、「今まで誰も成し遂げたことがない新しい伝説を作るつもりで挑んだ」と川瀬もえさん

 

授賞式では10月にすでに発表になっている、人気No.1のレースクイーンコスチュームを決定する「コスチューム部門」の受賞ユニットの表彰も行われた。

↑「コスチューム部門」グランプリを受賞した2021リアライズガールズの林紗久羅さん、織田真実那さん、久保田杏奈さん、前田真実果さん(写真左から)

 

また、ファイナリスト20名の中から選ばれる特別賞も発表。「クリッカー賞」には藤井マリーさんが。「週刊プレイボーイ賞」には美月千佳さんが選ばれました。

↑「クリッカー賞」藤井マリーさん

 

↑「週刊プレイボーイ」美月千佳さん

 

惜しくも大賞受賞は逃したものの「実行委員会特別賞」には、葵井えりかさん、織田真実那さん、永原芽衣さんが選ばれた。また、タイトルスポンサーであるMediBangから贈られる「MediBang賞」を愛川菜月さん、太田麻美さん、水瀬琴音さん、宮瀬七海さんが獲得。「テレビ東京賞」には相沢菜々子さんが。「東京中日スポーツ賞」には、安田七奈さんがそれぞれ選ばれた。

↑「実行委員会特別賞」葵井えりかさん、織田真実那さん、永原芽衣さん(左から)

 

撮影/編集部

 

【フォトギャラリー(GetNavi webにてご覧になれます)】