定番メニューをラインナップしたローソンの人気商品「これが弁当」シリーズ。今回は同シリーズから新たに登場した「これがチキンカレー」(550円/税込)を購入してきました。コンビニのカレーライスは具材や味つけなど商品によって様々。ルーの辛さと肉の味わいに注目しながら、さっそくレビューしていきましょう!

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
松屋にコスパ最強の絶品ハンバーグが誕生… 好評の声が後を絶たない「黒毛和牛と黒豚のハンバーグ定食」を実際に食べてみた

 

●「これがチキンカレー」(ローソン)

とり肉がごろごろっと入ったチキンカレーと黄色の味付ご飯が組み合わされた同商品。さっそく電子レンジで加熱すると、食欲をそそるスパイシーな香りが漂ってきました。カレールーは“どろどろ”と“サラサラ”の間で、ご飯にも馴染みやすいとろみ感です。

 

カレールーを一口食べてみたところ、刺激的な香辛料の風味が口いっぱいに広がりました。鼻に抜けるスパイシーな香りは想像していた以上に濃厚でビックリ。カレー専門店に勝るとも劣らない本格派で、家で作るカレーではなかなか出せない味わいです。

 

スパイスが強いというとかなり辛そうに聞こえますが、食べやすいピリ辛レベルに抑えてあるのもポイント。香り高い風味を追うように舌がピリっとして、ほどよい辛味がたまりません。具材自体はシンプルですが、野菜の旨味が溶けこんでいるためコク深い旨味も感じられますよ。

 

やわらかく煮込まれたチキンは、あっさりしていながら肉そのものの旨味がしっかり感じられます。脂がこってりしすぎないため、スパイシーなルーと喧嘩することなく風味を引き立てていました。

 

たっぷり入った味付ご飯は食べごたえもバツグンで、ほのかな甘みとパラパラした食感がGOOD。白ご飯のカレーライスよりも特別感があって、少しテンションが上がりますよね。

 

実際に購入した人からは「香辛料の香りが華やかでクセになる!」「そこまで辛くないのにしっかりスパイシーなのが不思議」「このクオリティのカレーをコンビニで食べられるのはすごすぎ…」といった声が。本格的なスパイスカレーを手軽に楽しみたい時は、「これがチキンカレー」で風味豊かなルーとチキンの旨味を堪能してみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
298円でこの仕上がりはすごすぎる… ファミマの「麺屋こころ監修台湾まぜそば」はコンビニ商品の限界を突破!?