モトローラ・モビリティ・ジャパンは、Androidスマートフォン「moto g31」を、1月28日に販売開始します。市場想定価格は税込2万5800円。

 

同製品は、moto gファミリー「moto g30」の後継モデルで、充実した機能とお手頃な価格帯を両立したミドルレンジ端末。SIMロックフリーで使用できます。

↑moto g31(ベイビーブルー)

 

6.4インチFHD+(2400×1080)の有機ELディスプレイを採用。1インチあたり400ピクセルの超高精彩液晶で、鮮明な映像が楽しめます。

 

5000万画素メインカメラ+800万画素超広角レンズ/深度センサー+200万画素マクロレンズで構成したトリプルカメラシステムにより、低光量の環境でも明るく鮮明な写真を撮影できます。

 

MediaTek Helio G85 オクタコアプロセッサー搭載。内蔵ストレージは128GBで、最大1TBのmicroSDが利用できます。バッテリー容量は5000mAh。

 

顔認証と指紋認証のどちらにも対応し、マスクで顔が隠れていても指紋センサーによりスムーズなサインインが可能です。カラーバリエーションはベイビーブルーとミネラルグレイの2種類。

↑moto g31(ミネラルグレイ)