Jリーグ公式ゲームとして知られている「Jリーグクラブチャンピオンシップ」(通称「Jクラ」)の登録者数が900万人を突破した。Jリーグに所属する選手のカードを集めてプレイするこのゲーム。実際の選手の写真とデータが使われたリアルな仕上がりで人気だ。そしてこのほどサッカーファンからの注目を集めている同作に、日本サッカー界のレジェンドが登場した。

 

 

今回の900万人突破キャンペーン中、期間限定で登場する「タイムスリップカード」。これは、Jリーグに名を刻む活躍をしたレジェンド選手の当時の姿にスポットを当てる企画。この企画についに小野伸二と稲本潤一が登場したのだ。稲本は2000年のJリーグベストイレブン当時の写真、そして小野伸二は1998年のベストイレブン・新人王を獲得した当時のものとなっている。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

稲本潤一(@junichi_inamoto17)がシェアした投稿

 

この発表に、稲本潤一本人がまさかの反応。「23年も前の画像だから若いです笑」と、当時の姿を懐かしむコメントのSNS投稿を行っている。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

稲本潤一(@junichi_inamoto17)がシェアした投稿

 

さらに稲本は、小野のカード写真についても言及。「あんまり変わってない気がするなー。」と、当時とあまり変わらない小野伸二のカード写真もSNS上に投稿している。

 

 

過去の「タイムスリップカード」には、ストイコビッチなど現役選手だけでなく往年の名選手までもが登場する「Jクラ」。サッカーファンはぜひ一度プレイしてみてはいかがだろうか。