コリコリとした食感でラーメンや八宝菜の具などにもよく使われるきくらげ。様々なオリジナル商品を展開中のカルディでは、そんなきくらげにピリ辛のラー油を絡めた「ラーきくらげ」(244円/税込)を販売中です。ネット上でも「濃い味でお酒のおつまみにぴったり!」「きくらげの食感にハマって無限に食べられる」と話題の同商品。果たしてラー油ときくらげの相性はどれほどのものなのかレビューしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
ホカホカご飯は用意できた? カルディの「ソルロンクッパ 160g」が放つ牛骨の旨味にノックアウト!

 

●「ラーきくらげ」(カルディ)

「ラーきくらげ」は甘口に炊き上げたきくらげに、ピリ辛のラー油を合わせた一品です。ラー油以外にもにんにくやごまをプラス。特ににんにくの風味は、きくらげをより刺激的な味わいに仕上げていますよ。

 

1パックの容量は60gと少しつまむのにうってつけのボリューム。小腹がすいた時のストック食品としてもオススメです。薄い袋に入っている分幅も取らず、冷蔵庫にしまっても邪魔にならないのは助かりますね。

 

さっそく「ラーきくらげ」を器に盛ると、唐辛子のスパイシーな香りが強く漂ってきました。試しに一口食べたところ、思っていたより辛さは強め。少量食べただけでも舌先がヒリリとするレベルです。飲み込んだ後も程よい辛みがしばらく舌に残るため、辛いモノ好きにはたまりません。

 

コリっとしたきくらげの食感も魅力的。きくらげ独特の弾力は、ずっと嚙んでいたくなるほどクセになります。ラー油の混ざったきくらげは全体的に粘り気を帯びており、ツルっと食べられるのも好印象。小鉢いっぱいの量でもすぐに完食できました。

 

実際に商品を購入した人からは「じわじわと後を引く辛さがちょうどいい」「袋から出してそのまま食べられるのでお弁当のおかずで重宝してる」と大好評。ほかの食品にトッピングしている人も多く、「ごはんに乗せて食べると絶品」「スープにちょい足ししてもいいアクセントになって相性抜群」といった声も寄せられていました。

 

ラー油がたっぷり絡まって刺激的な辛さを楽しめるカルディの「ラーきくらげ」。おつまみとしてはもちろん、様々な食品と一緒に食べても美味しくなる同商品を購入してみてはいかが?

 

【関連記事】
ふりかけからトマトの酸味が!? 「タコライスふりかけ」の味再現度にびっくり!