吉野家といえば牛丼のイメージが強いですが、カレーも人気メニューの1つ。15種類のスパイスを合わせた「黒カレー」は、牛肉入りの「肉だく牛黒カレー」(657円/税込)など様々なバリエーションを展開しています。中でも「チーズ黒カレー」(511円/税込)はチーズをふんだんにかけたアレンジカレー。チーズとカレーの相性はどれほどのものかチェックしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
チキン、デカすぎじゃない…? ロッテリアの「ハニーマスタードチキンフィレバーガー」はクリスピー食感に身を任せるべし

 

●「チーズ黒カレー」(吉野家)

トマトペーストやりんご果汁をベースに、複数のスパイスをバランス良く加えた吉野家の「黒カレー」。さらにオニオンソテーをプラスし、コクのあるカレールーになっています。「チーズ黒カレー」では、カレールーの上に細長くカットしたチーズをトッピング。カレーをよりまろやかな味わいに演出してくれますよ。

 

フタを開けると、一般的なカレーよりも色味の濃いルーが登場。スパイスの効いたコク深い匂いも食欲を誘います。まずは「黒カレー」単品で一口。ルーはとろみが少ないスープ系に近く、滑らかな口当たりがクセになりました。

 

気になる辛さも強すぎることはなく食べやすい印象。ツンとした刺激が程よく舌に残り、飲み込んだ後もしばらくスパイスの味わいを楽しめます。果物をはじめとする複数の材料を使ったルーは、ほんのり甘みも感じる仕上がり。辛さだけでない複雑な味を堪能できるため、チーズ以外の具がなくても単調さがありません。チーズ自体のボリュームも多く、食べごたえ十分なのもうれしいですね。

 

カレーと混ざるチーズも相性ぴったりで、一緒に食べると一層濃厚な味に。チーズが濃い味な分、ほんのり辛さが中和されてまた違った味わいのカレーに変身します。普段辛いカレーが苦手という人も安心して注文してください。

 

ネット上では「いろいろな種類のスパイスを使ったカレールーが独特の味でリピートしちゃう」「スープっぽいルーがあっさりとしていて美味しい」「カレーとチーズを混ぜたコク深い味がクセになる」と好評の声が続出しています。

 

とろけるチーズとスパイシーなカレーが絶品な「チーズ黒カレー」を食べてみてはいかが?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
怒濤の肉攻め…ファミマ「ハンバーグ&豚焼肉弁当」の豪華3大おかずが超絶品すぎる!