魅力あふれる生活雑貨が並ぶ無印良品。同社の「キャリーケース素材を使った 開いて使えるPCバッグ」は、ノートパソコンを入れたまま使用することができる便利なショルダーバッグです。ショルダーベルトを外しておけば、作業する際ジャマになってしまう心配はナシ。頑丈かつシンプルなデザインのアイテムで、出張などのビジネスシーンで大活躍してくれます。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
組み立て簡単! “観音開き式”で開け閉めしやすい「ダンボールファイルボックスフタ付き」レビュー

 

●取り外し可能なショルダーベルトが付属した「キャリーケース素材を使った 開いて使えるPCバッグ」(無印良品)

外出先で仕事をこなす機会がある私。ノートパソコンを持ち歩くため専用のバッグを長年利用しているのですが、そろそろ新しいものに買い換えようと無印良品で販売されている商品をチェックしてみました。見た目と性能を基準に選んだ結果、「キャリーケース素材を使った 開いて使えるPCバッグ」(3990円/税込)を購入。どのように使用するのか、さっそくチェックしていきましょう。

 

同商品のサイズは約25(タテ)×34(ヨコ)×5.5cm(マチ)。外観は黒一色でロゴなどは一切見当たらず、洗練されたデザイン性を感じさせてくれます。またアイテムを手にしてみて驚かされたのが本体の“頑丈さ”。それもそのはず、衝撃に強く割れにくいポリカーボネートを使用しているのが大きな特徴です。頑丈な素材と聞くと「重いのでは?」と感じるかもしれませんが、重量は約495gしかないのでご安心を。

 

気になるのは商品名にも含まれている“開いて使える”という点。実はバッグを開くと両サイドに面ファスナーつきの帯があり、面ファスナーを留めればピンと張ってストッパーの役割を果たすことに。おかげで開いたノートパソコンと同じ幅しか使わず、普段とほぼ変わらないスペースでデスクワークをこなせました。

 

 

もちろん付属のショルダーベルトを取りつければ、肩にかけて移動することも可能。繊維製のバッグに比べて強度があるので、安心して持ち運ぶことができますよ。

 

 

ネット上には「ちょっとしたことだけどPCをバッグから出す手間が省けて楽ちん」「ムダをなくしたシンプルなデザインがカッコいいね!」などの声が続出。同商品を活用して、外出先でもサクっと作業をこなしましょう。

 

【関連記事】
縦置きから横置きに“変身”! 「王様のブランチ」でも話題を呼んだ「ポリプロピレン小物収納ボックス6段」レビュー