様々なアレンジ牛丼を販売しているすき家では、豚カルビを使ったメニューも展開中。特に辛いもの好きな人にオススメなのが、ピリ辛仕立ての「ゴマだれ・にんにく・キムチ豚カルビ丼」(840円/税込)です。こだわりのキムチを加えた豚カルビ丼は、どれほどの辛さを堪能できるのでしょう?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
なか卯の主力メニューをミックス!? 「牛肉うどん」は肉ともちもちうどんを一気に味わえる!

 

●「ゴマだれ・にんにく・キムチ豚カルビ丼」(すき家)

豚バラ肉をはじめ、キムチやフライドにんにくなど具材をふんだんに盛った同商品。メインの豚バラ肉は、専用のタレに漬け込んで丁寧に焼き上げられています。さらに同封のカルビ追いダレと七味唐辛子を使えば味変も可能。自分好みの味に調整できるのはうれしいですね。

 

フタを開けてみると、ご飯が見えないほど具がぎっしり詰まっててびっくり。単品で頼んでも十分お腹を満たしてくれるボリューム感です。さっそく一口頂いたところ、シャキシャキのキムチは中々の辛さ。飲み込んだ後も舌先にじわりと残る刺激がたまりません。もちろん辛いのが苦手な場合は、ご飯などと混ぜて食べれば程よい辛さになるので安心してください。

 

メインの豚カルビは、甘辛いゴマだれが染みこんだ優しい味。脂身部分もとろっと柔らかく、分厚い肉を噛む度に肉汁を楽しめました。フライドにんにくもホクホクとした食感が魅力的。辛さもありつつ、ほんのり甘みを感じられる独特な味がクセになります。

 

試しにカルビ追いダレをかけると、より全体の甘みがアップ。タレのかかったご飯だけでもおいしく食べられる濃い味に変化します。逆に七味唐辛子を振った場合は強めの辛さがいいアクセントに。一食で色々なバリエーションの味を楽しめるので、最後まで飽きずに完食できますよ。

 

実際に商品を購入した人からは「まろやかなゴマだれのおかげでキムチの辛さが際立つ!」「フライドにんにくとキムチの組み合わせが最強」「豚カルビがたっぷり入っていてお肉を満喫できる」など好評の声が続出しています。

 

絶妙なバランスの辛さに仕上げられているすき家の「ゴマだれ・にんにく・キムチ豚カルビ丼」。特製ダレを使った豚カルビもおいしい同商品をぜひ味わってみてください。

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
チーズ×チーズの濃厚味がたまらん…ファミマ「パンチェッタのチーズクリームソースパスタ」の推しポイントは絶妙な具材のバランス