机、椅子、ベッド、収納から部屋の仕切りまで。パパ、ママ、ジイジが愛情込めて作った子供のための家具は、どれもDIYならではの独創的なものばかり!

*机&椅子編はコチラ

 

File4 飛び跳ねても大丈夫!わんぱくキッズの2段ベッド

ハシゴの1段目と4段目の踏み板はベッドの枠板。2段目と3段目の踏み板は1×4材2枚を凸型に組み立て、2×4材の柱と1×4材のハシゴの柱に固定している

 

息子さんふたりのために作った2段ベッド。サイズは寝てしまった子どもを抱いて上の段に載せられる高さ、ドアの開け閉めに干渉しないこと。さらに、IKEAの子どもサイズのベッドマットに合うようにした。

まず、ベッドのスノコ床板から製作。枠を作り、桟を固定し、そこに床板を張る。スノコ床板ができたら、柱、ベッドガードをつけてできあがり。

桟と床板を多めに使い、わんぱくな子どもたちが跳びはねてもOKなベッドに仕上がった。「お母さんと一緒じゃないと寝れなーい」と言っていた下の子まで、ひとりで寝られるようになったそうだ。

 

<Data&Profile>
サイズ:幅1600×奥行780×高さ1400mm
製作者…Mさん(39歳)
DIY歴…1年
製作期間…約1日
制作費用…約8000円

 

「日曜大工支援3D設計ソフト2xBuilder」という木取り表まで出してくれる設計図アプリで設計し、それを元にホームセンターで材のカットを済ませた

 

まずスノコ床板を作る。長辺の枠に2×4材を使った。それ以外は1×4材

 

ビス打ちしやすいようにスノコ床板を立てて、2×4材の柱を固定した

 

File5 既製品のベッドを有効活用!収納と一体型のベッド

両サイドの収納がベッドの土台。ベッド前の飾り棚は収納同士の固定と、落下防止柵を兼ねて作ったもの

 

お子さん3人分の寝床と収納をひと部屋に集約させるために、末息子専用の収納一体型のベッドが作られた。

ベッドは既製品で、そのベッドの土台となる収納をDIY。使用したのは18mm厚パイン集成材。収納の高さは、ハシゴなしでベッドによじ登れて、さらに既製品の収納ケースに合うように作られている。

 

<Data&Profile>
サイズ:幅1970×奥行1100×高さ670mm
製作者…Uさん(44歳)
DIY歴…約10年
製作期間…約1週間
制作費用…不明

 

大きな引き出しの底板にキャスターがついており、スムーズに動く

 

製作時の写真。ベッドの土台の収納と既製の収納ケースのサイズがピタリとそろっている! 収納ケースは前後を入れ替えるだけで衣替えが済むそう

 

File6 ゆりかごみたいに使える!?移動式ベビーベッド

便利機能満載のベビーベッド。床からベッド面の高さは640mm

 

娘さんの出産祝い&孫娘の誕生祝いを兼ねて作ったベビーベッド。市販のベビー用布団に合うサイズで製作した。赤ちゃんが使用するため、ダボでビスの頭を隠している。娘さんが赤ちゃんのお世話を楽にできるように前枠は開閉式で、移動できるようにキャスター付き。さらにベッド下にはベビー用品を収納できる棚もありと、各種機能を備えたベビーベッドだ。

 

<Data&Profile>
サイズ:幅960×奥行640×高さ1100mm
製作者…Gさん(60歳)
DIY歴…約25年
製作期間…約2日
制作費用…約2000円

 

ベッド側面。孫娘がウサギ年のため、ウサギ形にくりぬいた

 

前板を閉じるときは丸落とし金具で留めておく

 

File7 狭小部屋にベッドも机も置けた!畳利用のロフトベッド

ベッドガードのデザインは、弟さんのイニシャルのHがモチーフで、この部分は弟さんによるDIY。延長コードが取り付けられている板は補強材

 

ハシゴの踏み板に滑り止めの溝を掘った。支柱と踏み板は大入れ継ぎで組み立てた

 

同室だったお兄ちゃんの「ひとり部屋が欲しい」がきっかけで、弟さんが3畳の納戸へ引っ越すことに。

狭いけどベッドも机も置きたい! その希望を実現させるため、ママと子のふたりでロフトベッドを作ることになった。

まず、ベッドの枠板を作り、4隅に立てた柱に枠をビス留めして、躯体を製作。ベッドの枠内は床板をスノコ状に張り、柱には補強材と棚板を取り付けた。最後にベッドガードをベッドに取り付け、マットレス代わりの畳を載せて完成。

 

<Data&Profile>
サイズ:幅1980×奥行1115×高さ1900mm
製作者…Kさん(41歳)
DIY歴…11年
製作期間…24日
制作費用…2万円

 

ロフトベッド下に補強を兼ねた本棚が作られている(写真最上段部分)。学習机の卓上棚とセットで使用している。補強のため、ベッド枠と柱にシンプソン金具の棚取り付け金具を取り付けている(写真右上)

 

ベッドのサイズの決め方

ベッドは直接体に触れるマットレス選びが重要なポイント。しかし、人は1回の睡眠で20回程度は寝返りを打つ。小さすぎると寝返りが打てず、睡眠の質が落ちる可能性が高い。ここでは、そんなベッドの最適なサイズを紹介したい。

*掲載データは2015年2月時のものです。