ニトリには家事を手助けしてくれる便利アイテムが盛りだくさん。今回購入した「吸湿&脱臭エコドライヤー(1個入り)」は、ボトルなどを乾かす際に役立つキッチングッズです。注目は2つのエコドライヤーを連結できる「ジョイントパーツ」が付属している点。どのように使うのか詳しくチェックしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
面倒な作業が“楽しい作業”に!? サラダを作る人にオススメのキッチングッズ「野菜水切り シャッキリサラダ」レビュー

 

●ボトルや保存袋を簡単に乾かせる「吸湿&脱臭エコドライヤー(1個入り)」(ニトリ)

職場で使ったりお出かけ時に持ち運びしたりと、近年ニーズが拡大中のステンレスボトル。繰り返し使えて便利ですが、洗った後に乾きにくいのが難点ですよね。そんな時に便利なのが「吸湿&脱臭エコドライヤー(1個入り)」(399円/税込)。棒状の本体には脱臭効果のある「活性炭」と湿気を吸う「多孔質セラミックス」が内蔵されており、ボトル内を清潔に乾かすことができます。

 

土台に本体を差し込む際は少し力が要りますが、その分しっかりとハマるのでグラグラすることもありません。組み立て後は約8(幅)×8(奥行)×21cm(高さ)ほどの大きさで、場所を取らないのもうれしいポイントですよね。

 

同商品の特徴の1つが、付属のジョイントパーツを使って連結できること。今回はエコドライヤーを2個購入し、実際に繋げてみました。土台の裏にある穴にジョイントパーツを装着して、土台同士を固定するだけで連結完了です。

 

 

組み立てが完了したら、まずはペットボトルを乾かしてみることに。ちょうど500mlペットボトルにピッタリのサイズ感で、小さい飲み口でも難なく入れることができました。しばらく置いておくと、内側の水分がなくなり徐々に乾いていく様子がわかります。

 

また約60gの重さがあるため安定感もバツグン。ペットボトルはもちろんステンレスボトルを置いても、重さに耐えかねて倒れてしまう心配はありませんよ。

 

ボトルだけではなく、フリーザーバッグを乾燥させたい時にも同商品が役立ちます。2個連結することで、袋状のものでもしっかり内側を広げて乾かせました。

 

実際に購入した人からは「口の小さいボトルも放置しておくだけで簡単に乾かせる!」「省スペースで邪魔にならないのも便利」といった声が。ボトルや保存袋を利用することが多い人は、「吸湿&脱臭エコドライヤー(1個入り)」を試してみては?

 

【関連記事】
もうガサガサ探さなくて済む! 冷凍食品を立てて収納できる「フリーザーエンド」レビュー