パスタ専門店や人気洋食店とローソンが共同開発をおこない、スパゲティ好きから大きな支持を受けている「専門店のお墨付きパスタ」シリーズ。“有名なお店ならでは”の味わいを楽しめるだけに、手に取ったことがあるという人も多いと思います。そこで今回は、シリーズの中から「お墨付き 大盛 やみつき塩バジリコ」(599円/税込)をセレクト。どのような味わいを堪能できるのか、さっそくチェックしていきましょう!

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
ヤミツキになる辛さに注意!? セブンの「7P蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」は平打ちの麺ももっちりおいしい!

 

●「お墨付き 大盛 やみつき塩バジリコ」(ローソン)

同商品に“お墨付き”を与えたのは、炒め麺に強いこだわりを持つ東京・中目黒の「関谷スパゲティ」。塩バジリコはもちろん醤油バジリコも人気メニューの1つに数えられ、ローソンとは「お墨付き 大盛 醤油バジリコ」(599円/税込)に続くタッグとなります。

 

パッケージを手にして真っ先に驚いたのは豊富な具材。立派なウインナーもさることながら、ピーマン・塩こんぶ・小えびの組み合わせに目が引き寄せられます。電子レンジで加熱(目安時間/500Wで4分)してフタを開けると、さっそくバジルと小えびの香りがふわり。フォークで口に運んだ麺は太く歯ごたえがあり、噛むごとに伝わってくるモチモチ食感がたまりません。

 

バジルの風味もしっかり麺全体に行き渡っていて、後を引く濃厚なコクがGOOD。香りがただ強いだけではなく、塩こんぶの塩味やにんにくの旨味と絡み合うことで生まれる味わいの奥深さが同商品の大きな魅力になっています。

 

芳醇な風味をたっぷり振りまきつつ、麺に絡まりながら口の中に飛びこんでくるピーマンや小えびも存在感をアピール。ピーマンの苦味と小えび特有の風味は塩バジリコとの相性バッチリで、バジルの香りにほどよいアクセントを与えてくれました。また唐辛子やラー油も使われているため、口内にじんわりと広がる刺激が。計算し尽くされた“香り・塩味・刺激”の重ね技で、誰もが「やみつき」という商品名に納得できるのではないでしょうか。

 

既に同商品を購入した人からは、「バジルの香りと塩こんぶが思いのほかマッチしてる」「こんなに風味豊かなバジリコ食べたの初めて!」といった反響が続出。“関谷スパゲティお墨付き”のパスタを、あなたも自宅で楽しんでみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
花椒のパンチが効いてる! ローソンの「四川風麻婆丼」は刺激の中でも感じられる旨味に要注目