生活雑貨を多く取り扱う無印良品では、収納グッズの種類も豊富。「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」は丈夫な素材でできており、ベランダなどの外置きにも適した片づけアイテムです。腰掛けやテーブル使いも可能な同商品。頑丈な作りのボックスはどれくらいの強度なのでしょうか。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
明るい場所でもぐっすり眠れる! 付属のフードで顔を覆える「フィットするネッククッション」レビュー

 

●丈夫で大人が腰かけてもOKな「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」(無印良品)

庭で使う道具を収納ボックスにまとめている私。しかし外保管だと、室内に置くよりもボックスの劣化が早いのが気になります……。外置きでも安心な収納グッズはないかと悩んでいた時、無印良品で「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」(1490円/税込)を発見。容量の違う「ミニ・小・大・特大」があり、今回は「小 30L」を購入してみました。

 

ポリプロピレン製のボックスは、サイズ約40(幅)×39(奥行)×37cm(高さ)と容量たっぷり。中は特に仕切りもなく、大きめのモノでも余裕を持って入れることができます。フタの横には留め具がついているため、万が一ひっくり返してしまった場合も安心ですよ。

 

さらにフチ部分がストッパーとなり、同じ小サイズのボックスを3段まで重ねられる仕様。ジャンルごとに箱を分けたい場合や、どんどんモノが増えてしまう人にもオススメです。小サイズは特大サイズの上に2個並べての設置も可能。自分の収納したいモノに合わせて、上手くボックスを組み合わせてみてください。

 

実際にボックスを開けてみると想像以上に中の空間は広々。高さもある分、1つの箱に色々なモノを一気にしまえて片づけがはかどります。箱のデザインは無地なので収納後の見た目もスッキリ。庭や部屋に置いても悪目立ちしません。

 

 

続いてボックスに座ってみたところ、大人が座っても安定感抜群。高さもちょうど良く、座りやすい印象でした。家での使用はもちろん、アウトドア用のイス&道具入れとして使うのにもぴったりです。

 

商品の愛用者からも「フタつきで中が見えないのがいい」「大きなガジェットも楽々しまえて便利!」「庭に置いて外作業で疲れた時のイスにしてる」など好評の声が続出しています。

 

頑丈でイス代わりにもできる「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」。大容量の収納ボックスを使って、散らかったモノをまとめてみてはいかが?

 

【関連記事】
おしゃれで使い勝手抜群の掃除グッズ「マイクロファイバーミニハンディモップ伸縮タイプ」レビュー