刺激的な味わいを堪能したい時はピリ辛のメニューが恋しくなるもの。辛さがクセになり、手が止まらなくなる人も多いと思います。そこで今回は、すき家から発売された「スパイシートマチチキン丼」(750円/税込)をピックアップ。トマトソースとチキンをミックスしたシンプルなどんぶりかと思いきや、ネット上には「具材に対するこだわりが半端ない!」「味わいが豊かで食べごたえバツグン」といった感想が。実際に同商品を購入してきたので、人気丼の魅力に迫っていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
これでワンコイン以下!? ファミマの「鶏めし弁当」が「コスパ最強」と呼ばれる理由とは?

 

●「スパイシートマチチキン丼」(すき家)

まず注目したいのは、味の決め手になるトマトソース。すき家の公式リリースによれば、ハーブとカイエンペッパーで味つけをしているそう。ハーブの風味とピリ辛味を組み合わせることで、程よいスパイシーなテイストを実現しています。

 

トッピングも豊富で、エキストラバージンオリーブオイルをかけたケール、ナッツ、加熱したフレッシュプチトマトがラインナップ。食べ進める度に新たな味わい&食感を満喫できるのが魅力です。

 

さっそくほぐした骨付きチキンを頬張ってみたところ、思ったよりも柔らかい食感の後に肉のジューシーさとカレーの風味が。後から優しい辛味がやってくることによって、やみつき度を高めてくれます。

 

ここで終わらないのが同商品のポイント。トマトソースの濃厚な酸味と旨味がチキンと絶妙にマッチし、さらに食べごたえがアップしました。濃厚味を演出したのは、モッツァレラとレッドチェダー、エグモントという3種類のチーズ。まろやかテイストのおかげで奥深いコクがプラスされた印象です。

 

味わいだけでも十分な満足感を得られましたが、時おり現れるケールのシャキシャキ感とナッツのカリっとした歯触りがアクセントに。実際に購入した人からは、「どんぶりメニュー史上最強レベルにおいしかった!」「何処から食べても激ウマ… ハマらない人はいないと思う」といった好評の声が相次いでいます。

 

ヘビロテユーザーが続出している「スパイシートマチチキン丼」。すき家の絶品丼が気になる人は、今日にでもテイクアウトしてみてはいかがでしょうか?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
ついに定番メニューの仲間入り!「ネギ塩チキングリル定食」(松屋)のレギュラー化に歓喜の声続出