機能性の高さとシンプルなデザインで、キャンプギアと並ぶ人気を獲得しているのが「コールマン」のバックパックだ。シーン別にオススメの最新モデルを厳選して紹介!!

※こちらは「GetNavi」 2022年6月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

その1 【for Business】 多数のポケットを搭載するビジカジバッグの新モデル

アウトビズバックパックスリム

1万800円

ビジカジスタイルに最適な新モデル。アウトドアバッグのノウハウを詰め込み実現した快適な背負い心地と、ビジネスシーンに欠かせない機能が融合。シャープなデザインも◎。

 

 

↑緩衝材入りのPCスリーブやタブレット入れ、ジッパー付きのポケットを装備。カテゴリー別に荷物を収納できる

 

その2 【for Field】 使いやすさはそのままによりスタイリッシュに進化

ウォーカー33

7990円

定番の大容量バックパックがリニューアル。フロントデザインや全体のシルエットを見直すことで、使いやすく、よりスタイリッシュな印象に生まれ変わった。

 

↑内部にはオーガナイザーとドキュメントスリーブを備える。デザインに加え、収納力も向上している

 

その3 【for Travel】 旅行からキャンプまで幅広いシーンで使用可能

オールインワンホイールバッグ

1万7800円

旅行はもちろん、アウトドアシーンでも活躍する大容量のキャリーケース。準ハードシェル仕様で衝撃に強く、屋外でもラフに扱えるのがうれしい。レインカバー付き。

 

↑背面に取り外し可能なショルダーハーネスを装備。悪路や段差が多い道では背負って移動できる

 

その4 【for Water Place】 高い防水性能を備えた人気のスクエアリュック

シールド35

1万1800円

水に強いタフな作りが特徴の人気モデルに、新色のダークブラウンが登場。防水生地と撥水ファスナーで、突然の雨や水場での活動にも対応する。内部にはPCスリーブを備える。

 

↑登山バッグ仕様のショルダーベルトとスタビライザーを採用。フィット感に優れ、身体への負荷が抑えられている