シャオミは5月19日、5G対応スマートフォン「Redmi Note 11 Pro 5G」を発表。同日から各取扱店で予約受け付けを開始し、5月30日に発売します。希望小売価格は4万4800円(税込)です。

 

Redmi Note 11 Pro 5Gは、シャオミの中でミドルレンジにあたるモデル。1月にグローバルで発表されており、今回日本でも発表された形です。

 

カメラは、1億800万画素のメインカメラ、約800万画素の超広角、約200万画素のマクロの3眼構成です。メインカメラは、1/1.52インチの大型センサー「Samsung HM2」を搭載するほか、9つの小さなピクセルを1つにまとめてより多くの光を取り込む「9 in 1 ビニングテクノロジー」と、環境に合わせてISO感度を変える「デュアルネイティブISO」を採用。あらゆる明かりの条件でもきれいに撮影できるといいます。

↑色の鮮やかさや細部ディテールまで豊かに表現できるうえに、暗所に強い「ナイトモード 2.0」も搭載。しっかり描写できるといいます

 

また、バッテリーは5000mAhとハイエンドモデル並みの容量を搭載。加えて、67Wの急速充電にも対応しています。さらに、67W対応の急速充電器が同梱されており、15分の充電で約50%まで充電可能。シャオミによると、約50%のバッテリーでSNS利用などの日常使いで1日は使えるといいます。

↑大きい電流を流す際に、より速く安全に充電できる「MMTバッテリー」技術や、充電中のスマホの温度上昇を抑える「LiquidCoolテクノロジー」も搭載

 

ディスプレイは、約6.67インチの有機ELディスプレイを採用。最大輝度は1200nitで、太陽の下でも画面が見やすいとしています。また、リフレッシュレートは120Hzで、タッチサンプリングレートは360Hz。日常使いではスクロールが快適で、ゲームプレイも滑らかとのこと。

↑DCI-P3準拠の色域も確保しており、シャオミいわく映画基準のクオリティになっているそうです

 

このほか、FelicaやeSIMに対応しています。

 

主なスペックは、SoCがSnapdragon 695 5G、メモリーが6GB、ストレージが128GB、OSがMIUI13(Android 11ベース)となっています。また、本体サイズは約164.1×76.1×8.12mm、重さは約202gです。

 

↑カラバリは3色

 

なお、Redmi Note 11 Pro 5Gはシャオミのスマホとしては初めて楽天モバイルからも販売されます。予約も可能で、楽天モバイルの公式サイトで受け付けています。