このほど米経済誌『フォーブス』が「世界でもっとも稼ぐスポーツ選手トップ10」を発表。サッカーのフランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する、アルゼンチン代表のリオネル・メッシが、2019年以来3年ぶり2度目の1位となった。

 

 

2021年5月1日から2022年5月1日までの推定年収によって順位をつけたもの。2021年8月にPSGと2年契約(3年目はオプション)を締結したが、年俸はバルセロナ時代から2200万ドル減の7500万ドル(約97億5000万円)。しかし、スポンサー契約料など、競技以外での収入が増加した。

 

メッシは2022年3月末に、ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com」初のグローバルブランドアンバサダーに就任。3年契約で、年俸は2000万ドル(約24億円)を含め、トータル年収1億3000万ドルで1位に返り咲いた。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Socios(@sociosdotcom)がシェアした投稿

 

アンバサダー就任時には、16歳でのプロデビュー以降、35の主要トロフィーを獲得、700近いゴールを決め、7回のバロンドールと6回のゴールデンシュー(ゴールデンブーツ)受賞など、メッシの功績を讃える動画を「Socios.com」がSNSで紹介した。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Socios(@sociosdotcom)がシェアした投稿

 

2位はNBA、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズの推定1億2120万ドル。3位はサッカー。マンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウドで、推定1億1500万ドル。4位から10位までは以下の通り。

 

4位 ネイマール(サッカー):9500万ドル

5位 ステフィン・カリー(NBA):9280万ドル

6位 ケビン・デュラント(NBA):9210万ドル

7位 ロジャー・フェデラー(テニス):9070万ドル

8位 サウル・アルバレス(ボクシング):9000万ドル

9位 トム・ブレイディ(NFL):8390万ドル

10位 ヤニス・アデトクンボ(NBA):8090万ドル

 

それぞれ各競技でトップクラスの収入を得ると同時に、競技以外からの収入も多く、2位のカリー、9位のブレイディは暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するFTXのアンバサダーを務め、大きな収入を得ている。

 

そのFTXといえば、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平も2021年11月にアンバサダーに就任し、トップスターの仲間入りを果たした。