モトローラ・モビリティ・ジャパンは、Androidスマートフォン「motorola edge30 PRO」を、6月3日に発売します。

 

税込価格は、メインメモリ12GB/内部ストレージ256GBモデルが8万9800円、メインメモリ8GB/内部ストレージ128GBモデルが8万6800円です。

 

同製品は、2021年秋に登場した、プレミアム製品ラインmotorola edgeシリーズの最新モデル。CPUにQualcomm Snapdragon 8 Gen 1オクタコアプロセッサーを搭載。

 

リフレッシュレート144Hzの6.7インチFHD+(2400×1080)の有機ELディスプレイを採用し、高精彩かつなめらかな映像を楽しめます。

 

5000万画素メインカメラ+5000万画素超広角/マクロカメラ+200万画素深度センサーで構成したトリプルカメラシステムと、6000万画素フロントカメラで、低光量でも明るく鮮明な写真撮影が可能。インスタントオールピクセルフォーカスにより、暗所でも鮮明な動画撮影が可能。

 

HDR10+対応6.7インチ有機ELディスプレイで、10億色の色彩表現が可能。144Hzリフレッシュレートによる、なめらかな映像表示も可能です。

 

バッテリー容量は4800mAh。15Wのワイヤレスチャージと5Wのパワーシェアに対応しています。68W TurboPowerチャージャーを同梱し、急速充電ができます。

 

Ready For機能により、ワイヤレスでテレビに接続や、スマートフォンからPCに接続など、各種アプリやビデオ通話、動画視聴などを、大きな画面で楽しむことができます。