アウトドアのハイシーズンが到来! 暖かい気温につられて始めるキャンプビギナーが、これから増えてくるはず。キャンプ初心者にはレストランやお風呂、大型から小物までのギアをレンタルできる高規格なキャンプ場が安心。困りごとも難なく解消でき、不便なく安心して楽しめる──そんなやさしい首都圏のキャンプ場を紹介しよう!

※こちらは「GetNavi」 2022年6月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

≪レストラン併設≫タイプ3選

【その1】四季を感じられる森に包まれたプレミアムサイト

ホンダモビリティランド

モビリティリゾートもてぎ

林間サイト 9000円〜(平日)

モビリティテーマパーク「モビリティリゾートもてぎ」内にあるキャンプサイト。四季を感じられる森に囲まれ、訪れるたびに異なる景色を楽しめる。サイト内で焚き火やアウトドア料理を楽しめるが、隣接するホテルのレストランなども利用可能。

チェックイン:13:00〜18:00

チェックアウト:〜11:00

電源サイト:なし

住所:栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1

HP:https://www.mr-motegi.jp

 

↑施設内にあるカフェレストラン「OAK」で人気のチーズフォンデュバーガー。とろりとしたチーズとジューシーな肉が好相性だ。ほかにも3軒の食事処が併設

 

↑「森感覚アスレチック DOKIDOKI」や「迷宮森殿 ITADAKI」など子どもから大人まで楽しめるアトラクションが充実。レーシングカートを体験できる施設もある

 

[ここがやさしい!] 五感を満たしてくれるグランピングもオススメ

モビリティリゾートもてぎ

広報担当 金子くるみさん

「心地良い森のなか、キャンプはもちろんグランピングもオススメ。夜には満天の星を眺めながら、ホテルシェフ監修のこだわりBBQを味わえます。ぜひ、極上のアウトドア体験を!」

 

【その2】海と夕日と富士山を望む絶景キャンプパーク

京浜急行電鉄

京急油壺温泉キャンプパーク

キャンプサイト(焚き火可) 6500円〜

今年1月にオープンしたシーフロントのキャンプ場。相模湾に沈む夕日と富士山の絶景を堪能できる。区画サイト数が少なく静かなのも特徴。別料金で、美肌の湯として有名な隣接施設の「油壺温泉」に入れる。

チェックイン:13:00〜19:00

チェックアウト:〜10:00

電源サイト:なし

住所:神奈川県三浦市三崎町小網代1082

HP:https://keikyu-camppark.jp

 

↑小網代湾を一望できる「油壺温泉」。温泉成分が濃い高張性の療養泉により、治療の効果が期待できる。美肌成分のメタケイ酸も多く含む

 

[ここがやさしい!] ポニーとも宿泊できる無二のサイト

京急油壺温泉キャンプパーク

広報担当 成田カンナさん

「海、夕日、富士山を望める景色やポニーと泊まれるモンゴルサイト、波の音に包まれながら過ごせるキャンプサイトなど、ここでしか味わえない体験ができます。手ぶらでキャンプを楽しめるプランもあるので、初めての方も安心です!」

 

【その3】広大な天然芝のキャンプ場はあらゆる動物に会いに行ける!

秋葉牧場

成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

一般/2100円

牛やヤギ、ウサギといった様々な動物と遊べる牧場に隣接。天然の芝生を使用したサイトは、最大250組のキャンパーがゆったりと過ごせるほど広大だ。屋根付きのかまどやシャワー、トイレ、売店などを完備する。

チェックイン:9:30〜

チェックアウト:〜17:00

電源サイト:あり

住所:千葉県成田市名木730-3

HP:https://www.yumebokujo.com

 

↑牧場内にあるレストラン「ガラスハウス」の代表メニュー「ミートソースパスタ」。ほかにもレストラン&カフェがある(牧場への入場は別料金)

 

[ここがやさしい!] 充実したレンタル品でBBQやキャンプを満喫!

成田ゆめ牧場

広報担当 若井彩乃さん

「レンタル品が豊富なため、日帰りBBQや手ぶらキャンプが可能。最小限の荷物でフラッと寄って遊べます。キャンパー限定で、滞在中に牧場へおトクに入場できる優待券も販売しているので、活用してください!」

 

 

≪レストランなし≫タイプ4選

【その1】里山の自然と清流を愛でるリバーサイドの秘密の隠れ家

温泉道場

ときたまひみつきちコモリバ

フリーオートサイトプラン 4400円〜

小魚が泳ぐ都幾川沿いにひっそりと佇むキャンプ場。河原沿いにテントを設置できるため、夏には川遊びを楽しめる。サイト内にクルマの乗り入れができ、荷物の搬出・搬入がラクなのもうれしい。

チェックイン:13:00〜

チェックアウト:〜11:00

電源サイト:なし

住所:埼玉県比企郡ときがわ町本郷930-1

HP:https://comoriver.com

 

↑フィンランド式とエストニア式の野外サウナを設置。薪焚き&セルフロウリュ(自分でサウナストーンにアロマ水をかける)と本格仕様だ

 

[ここがやさしい!] アウトドアサウナも楽しめる静かなプライベート空間

ときたまひみつきちコモリバ

広報担当 馬部桃花さん

「3つある区画サイトは、プライベート感がある落ち着いた環境です。清流が目の前ということで、アウトドアサウナと併せた利用も人気。フロントはサイトの近くなので、困りごとがあったら利用してください!」

 

【その2】富士の大自然を余すことなく満喫!

ワークショップリゾート

森と湖の楽園

オートキャンプエリア 2980円〜

タレントの清水国明さんがオーナーを務める、緑豊かなサイト。周りには富士の森林が茂り、常にマイナスイオンを感じられる。ニジマスのつかみ取りやトレッキングなど自然を舞台にした体験が好評だ。

チェックイン:13:00〜

チェックアウト:〜11:00

電源サイト:なし

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町小立5606

HP:http://www.workshopresort.com

 

↑広い園内に隠された宝物を、謎解きで探していくリアル宝探しゲーム。基本は4人参加で料金は4000円。5人以上は追加料金が発生する

 

[ここがやさしい!] アウトドア未体験者も満足のエンタテインメント満載!

森と湖の楽園

広報担当 菊谷啓太さん

「都心から約100分で行け、河口湖インターから15分と好立地。オフシーズン以外の土曜日は、ワークショップに参加できる宿泊プランも用意しています。アウトドア未体験者でも、楽しめる内容をラインナップ!」

 

【その3】余計な手を加えずシンプルな“豊かさ”を表現

無印良品

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

オートキャンプエリア 2750円

環境破壊に結びつく設備は造らず、自然の起伏を生かした無印良品らしいシンプルさが特徴。標高1300mの高原にあり、日本百名山の浅間山、四阿山、草津白根山を望める。周囲2kmのバラギ湖も眺望できるなど、自然の“豊かさ”を楽しめるのが魅力だ。

チェックイン:13:00〜18:00

チェックアウト:〜12:00

電源サイト:なし

住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣バラギ高原

HP:https://www.muji.net/camp/tsumagoi/

 

↑週末や夏休みを中心にアウトドア教室を開催。石窯で一瞬にして焼くため、生地がカリッと焼き上がってチーズがとろりと溶ける絶品ピザに

 

[ここがやさしい!] 雄大な自然を舞台に多彩な遊びができる!

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

支配人 渡瀬達生さん

「高原サイトからは四阿山とバラギ湖が広がる絶景を一望。また、バラギ湖畔では釣りやカヌー、湖畔を周回するサイクリングコースなど気軽に自然に親しむことができます。冬には違った遊びが盛りだくさん!」

 

【その4】西湖と森林の静かさが疲れた心身を癒してくれる

ピカ

PICA富士西湖

テントサイト 600円(1人あたり)〜

富士五湖のひとつ、西湖のほとりで過ごせる爽やかなフィールド。たくさんの森林に囲まれた静かな環境が、都会の喧騒を忘れさせてくれる。バス停から徒歩1分というアクセスで公共交通機関を利用しやすい。

チェックイン:13:00〜19:00

チェックアウト:〜12:00

電源サイト:あり

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068-1

HP:https://www.pica-resort.jp/saiko/

 

↑西湖では早朝と午後にカヌーツアーを実施。専門講師がサポートしてくれるので初心者でも安心だ。期間限定プログラムでSUPも楽しめる

 

[ここがやさしい!] カヌーや釣り、MTBなど湖畔でアクティブに!

PICA富士西湖

広報担当 米山実里さん

「テントサイトからモンゴルのゲル(移動式住居)をモチーフにしたパオ、トレーラー、コテージまでとレベルに合わせて好みの宿泊スタイルを選べます。また釣りや、カヌー、MTBなどのアクティビティも豊富!」