「コレ押さえときゃ間違いない!!」的ブランドと、そのアイコニックなモデルをフィーチャー。生まれては姿を消していく商品が多いなかで、世代を超えて愛され続ける逸品。高級時計の象徴・ロレックスを紹介。

※こちらは「GetNavi」 2022年4月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

ロレックス

高級時計の象徴となった現在においても“使える時計”という哲学を貫く

ロレックス

サブマリーナー

Ref.114060

ヴィンテージ価格例176万円(2018年製・ギャランティ付き)

ダイバーズウオッチの定義を決定づけたロレックスのアイコニックピース。反射を抑えるマットブラックの文字盤に、大型インデックスと太い針を配して読み取りやすさを追求した。潜水時間を計るために使う逆回転防止ベゼルは、硬質なセラミック素材でできている。

SPEC●駆動方式:自動巻き●素材:ステンレススチールケース&ブレスレット、セラミックベゼル●防水性能:300m●サイズ:φ40mm

 

歴史や機能美が証明する真のステータスウオッチ

世界一有名な高級時計ブランドであるロレックスは、これまで多くの成功者に選ばれてきた。それはネームバリューだけによるものではなく、普遍性を持った特別な存在であるからにほかならない。

例えば、防水性能。ロレックスは1926年に完全防水を実現するオイスターケースを発明し、特許を取得した。当時の腕時計は水や湿気が弱点だったのだ。そこに着目して防水時計を実用化し、腕時計を普及させる立役者となった。

その功績をいまに伝えるコレクションのひとつが、“サブ”の愛称で呼ばれている「サブマリーナー」だ。言わずと知れたダイバーズウオッチの決定版で、潜水用時計としての実力は職業ダイバーや各国軍も認めるところ。誰もが一度は見たことがあるだろう黒文字盤+回転ベゼルのスタイルを確立したのは、サブだという意見も多い。圧倒的な知名度、定番デザイン、そして実用性に優れるサブは、高級時計でこれ以上ない一生モノと言える。

 

DATA

ブランド創立年 1905年
年間生産本数 70〜80万本(推測)
現行コレクション 15種類

 

↑初代“サブ”は1953年に誕生。当時最先端の100m防水を備えていた。デザインを大きく変えることなく、継承されていることがわかる

 

↑時刻合わせに使うリューズは、ねじ込み式の防水仕様。トップに刻印されたロレックスロゴからは、細部にわたる高級感が感じ取れる

 

↑バックルには工具なしでブレスレットの長さ調節ができる機構を搭載。実用性と高級感を両立するロレックスらしい機能のひとつだ

 

↑ロレックスの創立者、ハンス・ウイルスドルフ。懐中時計全盛の時代に腕時計の将来性を見据え、開発に没頭し、様々な特許を取得した

 

↑光が届かない深度まで潜水しても、文字盤の各所に塗布された蓄光型の夜光により時間を確認できる。もちろん夜間や暗闇でも光る

 

↑1927年、ある英国人女性がドーバー海峡の遠泳横断に成功。装着していたロレックスの防水時計は壊れず、彼女の偉業とともに称賛された

 

取材協力店

BEST VINTAGE

Tel 03-3341-4481
住所:東京都新宿区新宿3-17-12 ISHIDA新宿 B1F
営業時間:12:00〜20:00(土日祝 11:00〜20:00)
定休日:不定休
●新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、休業日や営業時間の変更を行っている可能性があります

※相場や買取額はすべて2月上旬の取材時のもの。あくまで一例であり、相場や買取額は時計の年式やコンディションなどによって異なる