中国OnePlusは80Wでの高速充電機能を搭載した新型スマートフォン「OnePlus Nord 2T 5G」を、海外向けに発表しました。

↑OnePlus Nord 2T 5G

 

日本市場には未上陸ながら、コストパフォーマンスに優れたスマートフォンやイヤホンを次々と投入するOnePlus。さらに2023年には複数の折りたたみスマートフォンを投入するとの噂も登場しています。

 

今回のOnePlus Nord 2T 5Gでは、上位モデルと同等となる80Wでの高速充電機能を搭載。搭載した4500mAhバッテリーを、わずか30分で100%まで充電できます。

 

画面は6.43インチ/FHD+解像度/90Hzの有機ELディスプレイで、本体プロセッサには台湾メディアテックの「Dimensity 1300」を採用。これに8GB/12GBのRAMと128GB/256GBの内蔵ストレージが組み合わされます。

 

背面には5000万画素メイン+800万画素超広角+200万画素モノクロカメラを搭載。前面には3200万画素のセルフィーカメラを搭載しています。OSにはAndroid 12を採用し、3年間のセキュリティーアップデートと2回のOSアップデートが保証されています。

 

OnePlus Nord 2T 5Gのカラーバリエーションはグレーとグリーンの2色で、海外価格は8GB RAM/128GB 内蔵ストレージモデルが399ユーロ(約5万4000円)。すでに予約を受け付けており、5月24日に発売されます。

 

ハイエンドからミドルレンジまで、コストパフォーマンスにすぐれたスマートフォンを投入するOnePlus。親会社のOPPOのスマートフォンはすでに日本で販売されているので、OnePlus製スマートフォンの早めの国内上陸にも期待したいものです。

 

Source: OnePlus via 9to5Google