お湯を注ぐだけで準備が完了する即席カップ麺。ロングセラー商品をはじめ、バリエーション豊富なタイプが登場していますよね。そこで今回注目するのは、ファミリーマートで発売中の「函館麺厨房あじさい 味彩塩拉麺」(216円/税込)。行列ができる名店が監修した一品で、実際に購入した人からは「どんでもなくスープがウマい…」「カップ麺の域を軽く超えてる!」などの声が。果たして人気店の味をどこまで再現しているのでしょうか?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
暑い日でもつるっと食べられる! ファミマの「冷たいパスタ 豚しゃぶのゆず胡椒ぽん酢仕立て」はゆず胡椒入りソースでさっぱりおいしい

 

●「函館麺厨房あじさい 味彩塩拉麺」(ファミリーマート)

そもそも「函館麺厨房あじさい」とは、北海道の函館にある創業80年以上の老舗ラーメン店。中でも「味彩塩拉麺」は地元の人だけでなく観光客からも人気を集めるほどの超有名メニューです。

 

その看板ラーメンを“カップ麺化”したのが同商品。下準備はとてもシンプルで、まず約460mlのお湯を入れた後に2分待ちます。最後に付属の特製油を加え、よくかき混ぜれば完成。待っている時間がやや短いのはうれしいポイントですね。

 

 

まずはスープをひと口味見。ファミマの公式サイトによると、チキンとポークエキスをベースに魚介や昆布の旨味を加えているそう。確かに最初はあっさりとした味でしたが、後から深みのあるコクと共にインパクト抜群の塩味が広がりました。とてもカップ麺とは思えない仕上がりで、ラーメン店で堪能できるスープと遜色ありません。

 

続いて麺をすすってみたところ、予想よりも弾力がある歯触り。スープと麺がしっかり絡み合っており、噛めば噛むほど爽やかなテイストが。程よい塩加減のおかげで、次から次へとツルツルと食べ進めてしまいます。

 

時おり現れるトッピングのネギ・豚肉・メンマもアクセントになってGOOD。想像以上の本格味に満足感を得られましたが、購入者からも「とにかく奥深いコクで、あじさいの味を再現できている印象」「具材は少ないもののスープと麺が文句なしの完成度です」「爆買いしたいくらいハマった」といった好評の声が相次いでいました。

 

衝撃を受ける人が続出中の「函館麺厨房あじさい 味彩塩拉麺」。この機会にファミマの絶品カップ麺を味わってみてはいかが?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
赤ピーマンがクセになる… ローソン「3種チーズのキーマカレー」のこだわりポイントは10種類のスパイス×豊富な具材