スクウェア・エニックスは、展示物販イベント「世界初実物公開 ファイナルファンタジーVI 1/6スケール ギャラリー」を、六本木ヒルズ ウェストウォーク3階の森美術館ショップにて、6月9日より開催します。

 

「スクウェア・エニックス マスターライン ファイナルファンタジーVI 1/6スケール」は、天野喜孝氏が描いた「ファイナルファンタジーVI」のメインビジュアルをモチーフに、同氏による監修のもと、作品を象徴する謎の少女「ティナ・ブランフォード」と「魔導アーマー」を1/6の大スケールで立体化したフィギュア。同イベントは、世界初の実物公開で、展示は写真撮影やSNSへのアップロードも可能です。

 

同フィギュアは全世界600個限定生産で、7月28日発売予定。6月26日23時59分まで、スクウェア・エニックスe-STOREにて予約を受け付けています。税込価格は148万5000円。

 

会期は6月26日まで(時間は11時〜21時)で、入場料は無料。会場では「ファイナルファンタジー」シリーズのオフィシャルグッズやフィギュアも販売します。