暑い日が続いてくると、重めの食事よりさっぱりしたご飯を選びたくなりますよね。そこで今回オススメするのが、ローソンの新商品「たんぱく質が摂れる 冷しバンバンジー」(559円/税込)です。ネット上でも「ひんやりとした中華麺が美味しい!」「くどくないから食欲がない時も食べやすくて助かる」と注目を浴びていました。一見ヘルシーなバンバンジーですが、果たして食べごたえはどれほどなのでしょうか?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
有名なご当地ラーメンをコンビニで気軽にGET! 「寿がきや 全国麺めぐり尾道ラーメン」は濃厚な醤油スープが絶品

 

●「たんぱく質が摂れる 冷しバンバンジー」(ローソン)

バンバンジーソースで味つけしたサラダチキンをたっぷり堪能できる「たんぱく質が摂れる 冷しバンバンジー」。「たんぱく質が摂れる」という商品名通り、たった1食で29.7gものたんぱく質を摂取可能です。サラダチキン以外にもきゅうり・白髪ねぎ・もやしのラー油和えが乗っており、ボリュームは満点。あっさりした味わいでありつつも、ちゃんとお腹を満たしてくれますよ。

 

細めの中華麺は小麦粉の一部を食物繊維などに置き換え、約40%の糖質オフ(※日本食品標準成分表2020年版「中華めん(ゆで)」と比較)を実現。食物繊維量も24.5gと多く、食べすぎた日やダイエット中の人にもうってつけの一品に仕上がっています。

 

それでは、さっそく付属のごまだれ中華スープをかけていただきましょう。麺は中細ながら、コシがあってもちもち。糖質オフと聞くと薄味を想像していましたが、ごまだれと絡むことでほんのり甘くなっていて食べやすい濃さです。

 

バンバンジーソースをかけたサラダチキンも、思った以上に柔らか食感。ソースで味つけされている分ヘルシーでも淡白すぎず、味に物足りなさを感じることはありません。周りの野菜もみずみずしく、シャキシャキ感を存分に楽しめました。

 

実際に商品を購入した人からも「一気にたんぱく質が摂れて嬉しい」「もっちりした麺の食感にハマる」「ちょっぴり辛いもやしが絶品」など好評の声が寄せられています。

 

一食にたんぱく質や食物繊維ががっつり含まれたローソンの「たんぱく質が摂れる 冷しバンバンジー」。夏バテで食欲がない時は、つるっと食べられる同商品で栄養バランスのいい食事を目指してみませんか?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
銀座デリー独自のスパイスを使用! セブンの「デリー監修ホットバターチキンカレードリア」は舌に残る絶妙な辛さがたまらない