累計1000万台を販売したスロージューサーのパイオニア、HUROM(ヒューロム)は、スリム型エントリーモデル「ヒューロムスロージューサー H310A」を6月20日(月)に発売します。参考価格は2万9800円(税別)。発売に先駆けて、6月1日よりヒューロムオンラインショップ限定の先行予約販売を開始しています。

↑ヒューロムスロージューサー H310Aのカラバリは左からホワイト、スカイブルー、ラベンダー

 

カットから圧搾・搾汁までを全自動で行う

本製品は、ジュースやスムージー、フローズンまで様々な搾汁がひとつで出来るオールインワン仕様のマルチスクリューを採用。スクリューとフィルターが⼀体化したシンプルなパーツで組⽴や⽚付けがカンタンとのこと。

↑幅広い用途に使えるマルチスクリュー(左)を採用

 

食材をホッパーに詰め込むだけで、カットから圧搾・搾汁までのプロセスをすべて自動で行ってくれるのも特徴。ホッパー内部の回転刃が食材を細かくカットし、そのままドラム部分へ押し出してマルチスクリューで搾汁します。

 

製品サイズは幅17.2cm、高さ39.5cmで、従来比で約20%コンパクトになり、重さも3.4kgと約半分に。落ち着いた3色のパステルカラーを採用しており、キッチンのテイストに合わせて選べます。

このほか、新たに低ノイズモーターを搭載。 騒音レベルは平均45 dB(デシベル)で、これは一般的なリビングルームよりも静かな数値とのこと。操作がシンプルかつコンパクトで、お手入れもカンタン。音も静かとのことで、手軽にフレッシュなジュース生活を始めたい方は、ぜひ注目してみてください。