生活に役立つアイテムを豊富に取り揃える100円ショップ・ダイソーでは、穴あきスプーンとフォークが合体したラーメンレンゲ「スクーン ホワイト」を販売中。穴あきなので具をすくいつつ汁切りができ、油分や塩分が多いスープの“飲みすぎ”を防ぐのに役立ちます。カップ麺を食べたいけれど健康面が気になるという人にぴったりの同商品。ネット上でも「塩分控えないといけない自分にとって神アイテム」「スープの中に残った具材を探すのに便利」と高い評価が寄せられていました。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
普通のスポンジよりよく泡立つ!? 食器に合わせた形状に折り畳んで磨ける「メッシュクロス2枚セット」レビュー

 

●ギザギザを備えたフォークが活躍する「スクーン ホワイト」(ダイソー)

私に限らず、ラーメンが大好物な人は多いと思います。専門店へ食べに行くだけでなく、自宅で小腹が空いた時にカップ麺をすすったり…。その際、具材をすくい取るためレンゲでスープごと口に運ぶことはありませんか? もしあなたが健康面を気にしているなら、ダイソーで販売中の「スクーン ホワイト」(110円/税込)がオススメ。どのような特徴を備えた商品なのか、じっくりチェックしていきましょう。

 

穴あきラーメンレンゲの「スクーン」はポリプロピレン製で、重さはわずか9g。手にした印象はふわっと軽く、緩いカーブを描いた持ち手のおかげで違和感なく握ることができます。メレンゲといってもスプーン部分に無数の穴があいているほか、先端部分から飛び出したフォークも同商品の特徴の1つです。

 

実際にカップ麺を用意して「スクーン」を使ってみたところ、まずはフォーク部分が大活躍。ご覧のとおり麺をまとめてすくい上げることができ、フォークの縁につけられたギザギザのおかげで麺がスルっとすべり落ちてしまう心配もありません。

 

フォーク+スプーンの形状だけでも十分機能的ですが、さらに無数の穴が大活躍。従来のレンゲでは具材をすくうとスープまで口にしてしまいますが、「スクーン」は具材だけが残るかたちに。箸で1つ1つ具材をつまみ上げるよりも圧倒的に楽ちんで、食べ残しなくササっといただくことができました。

 

購入者は「底に沈んだ短い麺や具材がすくいやすい!」「洗い物を減らせるのもイイね」と大絶賛。「スクーン」を使って、ヘルシーにラーメンを堪能してくださいね。

 

【関連記事】
何度も使えるからリーズナブル! 自分で切って失敗する心配がない「伸ばして吸着するシリコーンラップ」レビュー