クラフトジンと加熱式たばこのペアリング、斬新すぎるーー

 

JTの加熱式たばこ「Ploom X」と北海道のクラフトジン蒸溜所「紅櫻蒸溜所」のコラボが実施中だ。本コラボは昨年12月に引き続き2回目となり、今回はPloom Xの代表銘柄「メビウス・リッチ」に合うクラフトジンと、同じく代表銘柄の「メビウス・メンソール・コールド」と合うクラフトジンが登場。期間限定でプレゼントもしくは、提供を行なっている。

 

古くから、ウイスキーと紙巻たばこや葉巻とのマリアージュは定番だが、加熱式たばことジンの相性はいかに? と思っていたら、冒頭のファーストインプレッションである。

 

本稿では両者の味わいをレポート。ジンを自分で漬け込むところからスタートする体験を含めて紹介していこう。入手方法などは記事の後半にまとめているので、そちらをご覧いただきたい。

 

【「Ploom X」と「紅櫻蒸溜所」コラボを写真で見る(画像をタップすると拡大表示されます)】

 

液色が3段階で変わる 「#0715 Smoky Rich Base」

まずはPloom Xの定番銘柄「メビウス・リッチ」に合うクラフトジン「#0715 Smoky Rich Base」から。こちらは、紅櫻蒸溜所の「9148」がベースだ(次に紹介する「#0616 Mint Cold Base」も「9148」がベース)。

 

ユーザーの手元にはボタニカル類が漬け込まれる前の状態で届き、自分の好みに合わせて唐辛子、カルダモン、ピンクペッパー、八角、ドライバタフライピーをトッピングしていく。キット内にはシートが同梱され、それぞれの特徴が書かれているので、香辛料や調味料に詳しくない人でも安心だ。

↑キットの中身。ピンセットまで入るおもてなしぶり

 

「#0715 Smoky Rich Base」で驚きなのがジンの液色が3段階で変化していくこと。届いたときは、無色透明のクリアな液体だが、ドライバタフライピーを入れると、中の成分が溶け出し紫がかった青色に変化。妖しく魅惑的な色合いになる。

 

これを1日ほど漬け込んだ後に、トニックウォーターで割ると今度はピンクがかった赤に変化。青色とはまた違った妖艶さを醸し出す。ドライバタフライピーは「天然のリトマス紙」とも言われており、トニックウォーターを入れたことでアルカリ性から酸性に変化。無色→青→赤と表情を変える点が贅沢だ。

↑グラスにトニックウォーターを注いだ状態

 

さて、肝心の味はどうかというと、スパイスがたっぷり含まれているから実に鮮烈!目の覚めるような心地よい刺激が、舌を喉を通過していく。ロックで飲むとさらに強烈だ。「メビウス・リッチ」と合わせて愉しむと、メビウス・リッチの煙量ある豊かな喫味と融合。柔らかで、奥深い味わいが出現する。

 

紅櫻蒸溜所の代表・林さんによると、ヒントはやはりウイスキーだという。「バーで葉巻と合わせるシーンをイメージして、ジンにスモーキーさを加えることで相性を高めました。ただし、それだけでは飲む方の想像を超えるものにならないと思い、辛味を足してみたり色を変えてみたりと、飲んで美味しく、見て楽しくにこだわっています」(林さん)

 

キラキラ舞う立体感が美しい「#0616 Mint Cold Base」

 

続いて、「メビウス・メンソール・コールド」に合う「#0616 Mint Cold Base」を紹介していこう。こちらもキットの状態ではボタニカル類が漬け込まれておらず、同梱のピンセットを用いて材料を容器に入れてフィニッシュさせる方式を採用する。

 

用意されているボタニカルは、シナモン、レモングラス、ドライアプリコット、ドライオレンジ、氷砂糖。これらを見るだけでも、香り豊かで、柑橘類の甘みを堪能できそうなイメージが湧く。ちなみに、ユニークなのは見た目の華やかさを演出する銀粉も添えられていること。こちらも漬け込んで1日ほど経つと飲み頃になるそうだ。

 

まずはロックで単体で飲んでみる。柑橘の香りが鼻を抜けながら、口いっぱいに甘すぎない爽やかな甘味が広がり、楽園のような雰囲気。「メビウス・メンソール・コールド」と合わせると、ここにメンソールの冷涼感が加わる。さらに、ジンを飲んで少し立ってから吸うとまた違った体験に。「メビウス・メンソール・コールド」の爽快感と、ジンの爽やかさがバランス良くブレンドされるのだ。

 

ちなみに、炭酸を入れるとジンの甘みが開いて、一層華やかさが立ってくる。見て立体的、飲んで立体的、空間の広がりを感じられる一品といえるだろう。

 

こちらも林さんにこだわりを聞いてみた。「こちらは、チョコミントのアイスから発想を得ました。メンソール(※)とミントを合わせることで相性を高めつつ、こちらもそれだけでは飲む人の想像を超えるものにならないので、甘さを加えることで味を多層化しています。加えて、銀粉を入れることで雪が舞う様子を表現。こちらも飲んで楽しく見て楽しいという体験を目指しました」(林さん)

※編集部注:「メビウス・メンソール・コールド」は天然メンソール100%を配合

 

どちらも至福。どうやったら体験&入手できる?

オフタイムの質が天井を突き抜けるぐらい上がる「Ploom X」と「紅櫻蒸溜所」のコラボ。最後に、概要についてお伝えしたい。

本コラボは2種類の方法で入手or体験が可能だ。

 

【入手する方法】

Ploom Xの会員サービス「Ploom X CLUB」で応募。プレゼントキャンペーンの形で入手することができる。応募期間は8月4日まで。

【体験する方法】

全国の一部「Ploom Shop」(札幌店、仙台店、銀座店、東京駅グランルーフ店、渋谷店、名古屋店、なんば店、天神店)で無料提供。対象はPloomデバイスを持っている「CLUB JT」および「Ploom X CLUB」会員となる。実施は6月30日まで。

 

というわけで、一般購入は実施の予定がないのは残念。だが、Ploom Xが切り拓く「新しい加熱式たばこの愉しみ方」は、他にはない試みであり、ぜひ体験してほしい。