ついに欧州連合(EU)が2024年秋までにスマートフォンなどの充電規格としてUSB-Cの採用を義務づけることを合意し、iPhoneやAirPodsの充電ケースなども影響を受けることが決定的となりました。

 

それに続き、来年(2023年)の「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」(どちらも仮称)がLightningポートに代えてUSB-C端子を搭載するとの噂話が報じられています。

 

これは有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)のLeakeApplePro氏がTwitter上で述べていることです。それによれば、「iPhone 15 Pro」はUSB-Cに移行する一方で、通常価格モデルの「iPhone 15」はLightningポートのままだそうです。

 

 

EUの新たな規制は2024年までは適用されないため、アップルはあと1年は独自規格のLightningポートを持つiPhoneを作り続けられる、というわけです。

 

さらに翌年(2024年)は、通常価格の「iPhone 16」もUSB-Cを採用し、ハイエンドの「iPhone 16 Pro」はUSB-Cあるいはポートレス、つまり有線の充電端子がないワイヤレス充電のみとなるとのことです。LeakeApplePro氏は「アップル(社内)の情報源」から得た話だとしていますが、情報が正確だとしてもアップルの計画が変更されるのはよくあることです。

 

この噂話は、有名アナリストMing-Chi Kuo氏がツイートしていたこととも一致しています。ただしKuo氏は「2023年後半に出る新型iPhone」(iPhone 15一般)としており、どのモデルかは特定していませんでした。

 

それに続いて大手メディアBloombergも「実際にUSB-Cポートを搭載したiPhoneをテスト中だ」と報じていました。またKuo氏もその後、AirPodsなどアクセサリー類もLightningからUSB-Cに移行すると付け加えています。

 

今後もアップルが通常価格モデルとProモデルとで、様々な面で差別化を図っていくことはあり得るはず。来年はUSB-CをiPhone 15 Pro限定としてプレミアム価値にするのも、理にかなっていると思われます。

 

さらに2024年のiPhone 16世代では、Proモデルでは「画面下Face ID」すなわちディスプレイの下に顔認証関連のパーツを埋め込みつつ、画面に穴を開けず外からも見えないとの予想もあります。しかし、そのために凄い値上げとならないよう祈りたいところです。

 

Source:LeakeApplePro(Twitter)
via:BGR