タイガー魔法瓶株式会社は、新シリーズ「value+Products(バリュープラスプロダクツ)」の第一弾として、「ミキサー TIGER6value+ SKT-G100」(実売予想価格1万7800円・税込 以下同)、「ミキサー TIGER6value+ SKR-W400」(同9980円)の2製品を6月21日に同時発売。「ミルつきミキサー TIGER5value+ SKS-R100」(同1万4800円)を2022年8月上旬に発売します。

 

独自の「トルネード水流」と6枚刃でかたい食材も粉砕

↑6月21日発売の「ミキサー TIGER6value+ SKT-G100」

 

定格容量1000mlで最上位機種のSKT-G100は、タイガー独自の「トルネード水流」で上下を均一に混ぜることができ、残りがちな野菜の葉やくだものの皮を巻き込みしっかりと攪拌。また、ステンレス素材にブラックチタンをコーティングした「ギザ刃」「平刃」「波刃」の3種の形状の刃を組み合わせたブラックチタンコート6枚刃で、砕き残りが起こりやすいにんじんやアボカドの種などのかたい食材や角氷も細かく粉砕するとのこと。

↑ギザ刃、波刃、平刃と、3種の形状の刃を組み合わせたブラックチタンコート6枚刃を採用

 

カップ・ふたは、食器洗い乾燥機に対応。カップは軽くて丈夫なトライタン製(樹脂製)で、お手入れもカンタンです。

 

このほか、食材同士の衝突音、モーターの振動による音の広がり、カップの隙間からの音漏れなど、従来品よりも実感音を約45%カット。食材の回転時の衝突音を低減する「トルネード水流」や食材同士の衝突音を和らげる「トライタン製(樹脂製)カップ」、振動による音を抑える「防振ゴム」を採用するなど、ミキサーの騒音の原因を一つずつ見直し、会話やテレビの音を妨げにくいといいます。

 

一方、定格容量1000mlのミルつきミキサー SKS-R100は、トルネード⽔流+原理の異なる3種のチタンコート6枚刃を採用し、ミルカップ・お茶ミルカップが付属しています。

↑8月上旬発売の「ミルつきミキサー TIGER5value+ SKS-R100」

 

定格容量400mlで幅11.9cmとコンパクトなSKR-W400は、トルネード⽔流+原理の異なる2種のブラックチタンコート4枚刃を採用。先述のSKT-G100と同様、実感音を従来品よりも約45%カットしています。

↑6月21日発売の「ミキサー TIGER6value+ SKR-W400」

 

日常では捨ててしまう野菜やくだものの種、皮などを活かす目線で開発した同シリーズ向けのレシピも公開中。「種までまるごとかぼちゃのスープ」「まるごと人参のチーズケーキ」など、フードロス削減に貢献しながら栄養も豊富なレシピを掲載しています。また、植物性ミルクを使った「アーモンドミルクといちごの杏仁豆腐」や豆乳を使った「ゴーヤとキウイの豆乳スムージー」などヘルシーなレシピにも注目です。