「auのプランの見直しをしたいけど、どのプランがお得なのか分からない」と悩んでいる方も多いのでは。

ナビ博士
ナビ博士
auを安く使うためには、いくつかポイントがあります。

料金の見直しをするなら、ポイントを押さえてご自身に合ったプランを選んでいきたいところです。

本記事では、auの料金を安くするための方法4つと、容量別・目的別のおすすめプランを紹介します。

ゲット君
ゲット君
ぴったりのプランを選んで、もっとお得にauを使っていきましょう。
プラン変更でお得に使える「au」
au

auの料金を安くするポイント

  • 「データ使用量」に合わせてプランを選ぶ
  • 「通話明細」を見て必要に応じてオプションを追加
  • 割引サービスを適用させる
  • サブブランド・オンライン専用ブランドにも注目
詳細を見る
この記事の監修者
小川正人

小川正人(Ogawa Masato)

新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。光回線や携帯電話・ポケット型WiFiなどのモバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いから月間60万PVの通信サービスメディアサイト「XERA」を運営。一時期は光回線を3社、携帯電話を12社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。監修者について(マイベストプロ)

auの料金を安くする方法4つ

チェックマークのアイコン素材 10

「auをもっと安く利用したい」と考えているなら、いくつか確認しておきたいポイントがあります。

auでの、料金の見直しのポイントは以下の4点です。それぞれ見ていきましょう。

auの料金を安くする方法
  • 「データ使用量」に合わせてプランを選ぶ
  • 「通話明細」を見て必要に応じてオプションを追加
  • 割引サービスを適用させる
  • サブブランド・オンライン専用ブランドにも注目

「データ使用量」に合わせてプランを選ぶ

データ使用量に合わせてプランを選べば、もっとお得に利用できる可能性があります。

auのプランは、たくさんデータ通信を使う人向けの「使い放題MAX 5G/4G」と、あまり通信は使わない人向けの「ピタットプラン 5G/4G LTE」の大きく2種類です。

ナビ博士
ナビ博士
ピタットプラン 5G/4G LTEは7GBを超えると通信制限となるため、7GB以上データ通信を使う人は「使い放題MAX 5G」がおすすめとなります。

データ通信量は、「My au」から確認が可能です。

My auにログイン後、「スマートフォン・携帯電話」>「データ利用量」と進むと、「月間のデータ利用量合計」「直近3日間のデータ利用量合計」がそれぞれ確認できます。

「通話明細」を見て必要に応じてオプションを追加

通話する機会が多い方は、通話オプションに加入しておくと、通話料が安く抑えられる可能性があります。

オプションのサービス内容 月額料金
通話定額 国内通話が24時間かけ放題※1 1,870円(税込)
通話定額ライト 1回5分以内の国内通話が24時間かけ放題※1※2 770円(税込)
※1 1回5分以内の国内通話が対象です。1回の通話が5分を超えた場合、5分超過分につき、30秒ごとに22円(税込)の通話料が別途かかります。また0570(ナビダイヤル)への特番通話などは対象外です。
※2 一部の通話は対象外です。

長電話も含め、通話をする機会が多いなら「通話定額」への加入がお得です。

オプション料金の月額1,870円と、通話料22円/30秒をもとに計算してみると、毎月42.5分以上通話をするなら、オプション加入がお得になります。

また、5分以内の短い通話をする機会が多い方は「通話定額ライト」がお得です。

ゲット君
ゲット君
こちらも計算をしてみると、5分以内の通話の合計で、月あたり17.5分以上通話をするなら、オプション加入がお得になります。

このあたりの基準も参考にしつつ、通話の機会が多い方は、オプションへの加入を検討してみましょう。

割引サービスを適用させる

auでは、契約条件によって、主に以下の3つの割引サービスが適用できます。

割引の概要
家族割プラス 家族3人以上で1,100円/月割引
(家族2人以上で550円/月割引)
auスマートバリュー auひかりなどとセットで家族全員が最大1,100円割引
au PAY カードお支払い割 au PAY カードでのお支払いで最大187円割引

家族割引としては「家族割プラス」があり、家族でキャリアをauに揃えると、毎月の支払いが安くなります。

家族3人以上で対象プランを使うと、満額の1,100円割引が適用されます。

auスマートバリュー

引用:家族割プラス

また、auひかりやWiMAXとのセット割引として「auスマートバリュー」も用意されています。

対象のインターネット回線をひとつ契約しておけば、家族全員で割引が受けられます。

ナビ博士
ナビ博士
例えば、家族4人で割引を適用すれば、最大で合計4,400円割引です。通信費全体として大幅に節約ができます。

そのほか、「au PAY カードお支払い割」として最大187円の割引もあります。

割引額は大きくありませんが、au PAY カードは年会費無料で保有できるので、利用も検討してみると良いでしょう。

サブブランド・オンライン専用ブランドにも注目

auで料金の見直しを考えているなら、au内でのプラン変更と合わせて、同じKDDIの通信ブランドである「povo」「UQモバイル」への移行も検討したいところです。

povo、UQモバイルはauに比べて、格安で利用できるのが大きな特徴です。

povoでは3GB/30日間が990円(税込)、UQモバイルでは3GBのプランが月額1,628円(税込)など、格安のプランが用意されています。

povo

 

なお、auからpovoやUQモバイルへの移行であれば、契約解除料、MNP転出手数料、契約事務手数料といった、通常であれば乗り換えに伴い発生する費用は、全て無料です。

ゲット君
ゲット君
手続きも、MNP予約番号の発行が必要なく、プラン変更に近い簡単な手続きで完了できます。

au内でのプラン変更と、合わせてぜひ検討しましょう。

povoの詳細をチェック

プラン変更でお得にauを使う!容量別・目的別の料金プラン

お金の浪費・消費の無料アイコン素材 2(日本円)

auのメインの料金プランは、「使い放題MAX 5G/4G」「ピタットプラン 5G/4G LTE」の2つです。

ピタットプラン 5G/4G LTEは7GBを超えると通信制限になるため、7GBを超えるなら「使い放題MAX 5G/4G」、7GB以内で済むなら「ピタットプラン 5G/4G LTE」を選びましょう。

容量別の料金プラン
  • 7GBを超える方
    ⇒「使い放題MAX 5G/4G」がおすすめ
  • 7GB以内で済む方
    ⇒「ピタットプラン 5G/4G LTE」がおすすめ

ちなみに、使い放題MAX 5G/4Gでは、AmazonプライムやNetflixなどとのバンドルプランも用意されています。

各種のコンテンツサービスとセットでお得に利用できます。

ナビ博士
ナビ博士
そのほか、スマホデビュー向けの優遇プランもあるので、初めてスマホを持つ方はこちらも注目です。

auの料金プランについて詳しく見ていきましょう。

7GB以上使うなら「使い放題MAX 5G/4G」

7GB以上のデータ通信が必要な方は、「使い放題MAX 5G/4G」がおすすめです。

こちらはデータ使い放題のプランとなります。

「データ使い放題」と聞くと大容量が必要な人向けのプランと思う方もいるかもしれませんが、auの場合は7GB以上であれば、こちらのプランを選ぶことになります。

▼使い放題MAX 5G/4Gの月額料金・データ容量
月額料金 7,238円(税込)
データ容量 データ使い放題

なお、「使い放題MAX 5G/4G」ではテザリングも30GBまで利用できます。

テザリングはスマホをモバイルWiFiルーターのように使って、他の端末でインターネットが使える機能です。

ゲット君
ゲット君
こちらのプランを契約しておくと、タブレットやパソコンなど、他の端末でも大容量の通信が使えます。

7GB以下なら「ピタットプラン 5G/4G LTE」

7GB以下のデータ通信量で済む方は、「ピタットプラン 5G/4G LTE」がおすすめです。

こちらは、使った分だけ支払いするタイプのプランで、データ使用量に応じて料金がステップで上がっていきます。

▼ピタットプラン 5G/4G LTEの月額料金
データ使用量 月額
〜1GB 3,465円
1GB〜4GB 5,115円
4GB〜7GB 6,765円

7GBを超えると通信制限となり、最大128kbpsまで速度が制限されます。

毎月のデータ通信量が7GBを超える方は、使い放題MAX 5G/4Gを選びましょう。

7〜20GB程度が必要な方は「povo」「UQモバイル」への移行も合わせて検討

UQモバイル

auで料金プランを選ぶのであれば、7GBを超えるなら「使い放題MAX 5G/4G」、7GB以内で済むなら「ピタットプラン 5G/4G LTE」というのが基本的な選び方です。

ただし、7〜20GB程度のデータ使用量で済むのであれば「使い放題MAX 5G/4G」は少々割高です。

格安の通信ブランドに目を向けると、7〜20GBあたりで安いプランが数多くあります。

ナビ博士
ナビ博士
7〜20GBあたりのデータ使用量の月が多いなら、乗り換えも検討したいところです。

auからの乗り換え先としてまず検討したいのが、冒頭でも紹介した「povo」「UQモバイル」の2つです。

auからpovo・UQモバイルへの乗り換えであれば、費用が0円で済むほか、手続きも簡単に完了できます。

povo、UQモバイルのプランの概要は以下の通りです。

大手キャリアと比較すると、格安で利用できます。

▼povoの料金プラン
月額基本料 0円
データトッピング データ追加3GB(30日間):990円
データ追加20GB(30日間):2,700円 など
その他のトッピング DAZN使い放題パック(7日間):760円
データ使い放題(24時間):330円

 

▼UQモバイル「くりこしプラン +5G」
くりこしプランS +5G くりこしプランM +5G くりこしプランL +5G
月額料金 1,628円 2,728円 3,828円
データ容量 3GB 15GB 25GB

povoについては、月額基本料0円のベースプランに、データトッピングなどを追加して利用する通信ブランドです。

ゲット君
ゲット君
ご自身の使い方に合わせて、カスタマイズできます。

7〜20GB程度のデータ使用量の月が多い方は、使い放題MAX 5G/4Gと合わせて、「povo」「UQモバイル」への移行もぜひ検討してみると良いでしょう。

povoの詳細をチェック
UQモバイルの詳細をチェック

動画や音楽も楽しみたい人は「バンドルプラン」にも注目

auでは、Amazonプライム、Netflixなどのコンテンツサービスとセットになった「バンドルプラン」も用意されています。

毎月7GBを超えるデータ通信量があり、かつ該当のコンテンツサービスを利用している・利用したいという方は、こちらのプランがお得です。

料金プラン 月額料金 セットのサービス
使い放題MAX 5G with Amazonプライム 8,008円 ・Amazonプライム
・TELASA
使い放題MAX 5G/4G DAZNパック 8,338円 ・DAZN
使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P) 8,338円 ・Netflix(ベーシックプラン)
・TELASA
・Amazonプライム
使い放題MAX 5G/4G テレビパック 9,108円 ・TELASA
・Paravi
・FODプレミアム
使い放題MAX 5G ALL STAR パック 9,988円 ・Netflix(ベーシックプラン)
・Apple Music
・YouTube Premium
・TELASA
・DAZN
・GeForce NOW Powered by au

データ使い放題を持て余しそうな人もバンドルプランで契約してみると、料金の元が取れるぐらいにフル活用できるかもしれません。

ナビ博士
ナビ博士
使い放題MAX 5G/4Gを利用予定の方は、合わせて検討してみると良いでしょう。

スマホデビューなら「スマホスタートプラン」がお得

auではスマホデビューの方向けのプランとして「スマホスタートプラン(フラット)5G/4G」があります。

こちらは、ケータイからの乗り換え、22歳以下の方の新規契約が対象です。

「子供に初めてスマホを持たせたいけど、できるだけ安く使えるプランを選びたい」と考えている方は、こちらをぜひ検討したいところです。

ゲット君
ゲット君
1年間は「スマホスタート1年割」が適用され、月額990円で利用できます。
▼スマホスタートプランの料金・サービス
月額料金 翌月から1年間は990円
2年目以降:2,178円
データ容量 3GB
※22歳以下は最大1年間5GBに増量
通話 5分以内の国内通話が何度でも無料

最安を狙うなら格安SIMにも注目

スマホの無料アイコン素材 7

もっと安く料金を抑えたいとなると、格安SIMも選択肢です。

格安SIMなら、UQモバイルやpovoと比較してもさらに安く使える可能性があります。

ナビ博士
ナビ博士
auからの乗り換え先として、特におすすめの格安SIMを2つ紹介します。

月額550円から利用できる「OCN モバイル ONE」

OCN モバイル ONE
  • 月額550円から音声通話付きのプランが契約できる
  • 不定期の割引セールでスマホが安く買える

 

「OCN モバイル ONE」は、ドコモのNTTグループが運営している格安SIMです。

月額550円から音声通話付きのプランを提供しています。

コース 月額料金 無料通話
500MB/月コース 550円(税込) 最大10分相当/月※
1GB/月コース 770円(税込) なし
3GB/月コース 990円(税込)
6GB/月コース 1,320円(税込)
10GB/月コース 1,760円(税込)
※ 最大220円(税込)をOCNでんわの国内通話料より割引

最安の「500MB/月コース」には、OCNでんわでの10分間の無料通話も付いています。

通話料金込みで見ても、毎月の支払いが安く抑えられます。

また、スマホが安く買えるのも、OCNモバイルONEを選ぶ大きなメリットです。

ゲット君
ゲット君
機種代への割引キャンペーンのお得度は格安SIMの中でも随一です。

お得なキャンペーンを定期的に実施しています。

乗り換えに合わせてスマホを購入したいと考えている方は、OCNモバイルONEにも注目です。

OCNモバイルONEの詳細をチェック

幅広いデータ通信量が選べる「IIJmio」

IIJmio タイアップcp
  • 2GBから20GBまで幅広いプランが選べる
  • 家族とデータ容量をシェアできる

 

IIJmioでは、2GBから20GBまで幅広いデータ容量でプランが選択できます。

IIJmioの「ギガプラン(音声通話付きのプラン)」の料金は以下の通りです。

データ容量 月額料金
2GB 850円(税込)
4GB 990円(税込)
8GB 1,500円(税込)
15GB 1,800円(税込)
20GB 2,000円(税込)

契約後も、もちろんデータ容量の変更が可能です。

「データ容量が足りなかった」「そこまでデータ容量は必要なさそう」といった場合も、後から変更ができます。

また、ギガプランでは、家族とデータ容量シェアが可能です。

ギガプランで契約している家族とシェアグループを作成することで、データ容量を分け合うことができます。

ナビ博士
ナビ博士
家族での乗り換え先としてもおすすめです。

料金がさらに安いことや、選べるデータ容量の選択肢の多いことは、auはもちろん、povoやUQモバイルと比較しても魅力となるポイントです。

このあたりにメリットを感じる方は、IIJmioを検討してみると良いでしょう。

IIJmioの詳細をチェック

auの料金プランに関するよくある質問

はてなのコメントアイコン素材 3

auの料金プランに関するよくある質問をまとめています。

ゲット君
ゲット君
気になる疑問を解決していきましょう。

auの料金プランに2年縛り・解約金はある?

auでは、2022年3月31日をもって2年間の契約期間や契約解除料(解約金)が廃止されました。

新規受付中の最新プラン、受付終了の過去のプランも含め、解約に伴う契約解除料は発生しません。

料金プランの確認・変更はどこからできる?

auの料金プランの確認・変更は「My au(会員ページ)」から可能です。

プランの確認・変更の手順は以下の通りです。

▼契約中のプランを確認

  • 「My au(ウェブ)」へログイン
  • 「ご契約情報」をタップし、契約中のプランを確認

 

▼プラン変更の手順

  • 「My au(ウェブ)」へログイン
  • 「ご契約情報」をタップ
  • 「料金プラン」の項目の右側の「変更」をタップ
  • 希望の料金プランを選択し、注意事項を確認の上、ページ最下部の「同意して次に進む」をタップ
  • 画面に沿って変更の手続きを進める

 

auの最安プランは?

auのスマホ向けプランのうち、条件なしで契約できるプランで最安のものは「ピタットプラン 5G/4G LTE」です。

割引が付くと月額2,178円から利用できます。

スマホデビューの方については、月額990円〜の「スマホスタートプラン(フラット)5G/4G」が契約でき、こちらが最安となります。

まとめ

auの料金を安くする方法や、容量別・目的別のおすすめプランを紹介しました。

データ通信量、通話時間、割引サービスなどを意識しながらプランを選んでいくことがポイントとなります。

プランの選び方としては、7GBを超えるなら「使い放題MAX 5G/4G」、7GB以内で済むなら「ピタットプラン 5G/4G LTE」がおすすめです。

さらに安く利用したい方は、『povo』や『UQモバイル』、格安SIMへの乗り換えも選択肢となります。

ぜひ参考に、auでのプランの見直しを実践してみてくださいね。

参考サイト

総務省
消費者庁
国民生活センター
日本データ通信協会
電気通信事業者協会
電気通信消費者相談センター
電気通信サービス向上推進協議会
一般財団法人 インターネット協会
一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会
au家族割プラス

記事一覧