FFF SMART LIFE CONNECTEDは、Android搭載のモバイルプロジェクター「FFF-PJM1」を6月16日に販売開始しました。

 

同製品は、本体サイズ約146×78mm、231gと軽量コンパクトで、光源にDLP0.2インチを採用し、100ANSIルーメンの輝度で投影することが可能です。Androidを搭載し、スマートフォンのように操作でき、Wi-Fi接続することで、Androidアプリをストアからダウンロード、インストールすることができます。また、専用アプリ「EShare」をスマートフォンにインストールすることで、同製品の遠隔操作や設定を行うことができます。

 

内部にセンサーを搭載しており、上下反転や投影後の歪みなどを自動で補正。別売りのUSB有線LANアダプターを接続することで、モバイルルーターとして使用することもできます。旅行先や出張先の宿泊ホテルで有線LANを接続しておけば、複数のPCやスマートフォンを、同製品を経由してインターネット接続することが可能です。

 

一般的なプロジェクターのようなHDMI入力による投影や、ミラキャスト(Android端末)、AirPlay(iOS端末)でも接続可能。USBポートやマイクロSDカードスロットを搭載しているので、メディア内に保存されている動画や画像、音楽を再生できるほか、USBポートにキーボードやマウスを接続できます。Bluetooth5.0に対応し、BluetoothスピーカーやヘッドホンなどのBluetooth機器も接続可能。赤外線リモコン、スタンドを標準添付しています。

 

税込価格は4万9800円ですが、数量限定で、同社ダイレクトサイトにて3万7900円で販売中です。