「たまたま立ち寄ったカフェの座席にコンセントがあったのに、AC充電器を持っていなかった」「夜行高速バスの車内にコンセントがあるのにもかかわらず、うっかりAC充電器が入った荷物をトランクに預けてしまった」など、AC充電器は「使いたいときに限って手元にないものランキング」上位にランクインするのではないでしょうか。

 

モバイルバッテリーやケーブルは普段から持ち歩いている人は多いと思いますが、AC充電器を持ち歩いている人は意外と少ないはず。しかしながらAC充電器は、ポケットに入れるには大きくて嵩張る、プラグ部分が引っ掛かって邪魔……といった“常時持ち歩きにくい問題”もあります。

 

そのような問題を解決する、超小型AC充電器が、オウルテックから発売中です。

 

「OWL-APD30A1C1」は、USB Type-AポートとUSB Type-Cポートを1機ずつ搭載した、USB PD対応、最大30W出力のAC充電器。最大の特徴は、なんといってもその小ささ! 約W29.5×H38×D51.5mm(重さ約54g)というコンパクトサイズです。税込価格は3080円。

 

「窒化ガリウムを採用し、最小クラスのAC充電器を目指して企画しました。スイングプラグなので、他社の同等品よりもコンパクトです」(オウルテック担当者)

 

そうなんです! OWL-APD30A1C1はプラグ部分が折りたためるスイングプラグになっているので、プラグがポケットの中で引っ掛かったり、プラグのところだけポケットが出っ張ったりせず、ポケットに入れても嵩張りません。

 

これなら、シャツやパンツなど衣類のポケットに入れて持ち歩くのもラクなだけでなく、バッグの内ポケットなどに常に入れておいても、荷物にならないでしょう。

 

使いたいときにAC充電器がない……という残念シチュエーションとはもうおさらば! AC充電器を“持ち歩く”習慣、はじめてみませんか?