誰もがよく知る日本の夏の行事「七夕」。とはいえ、七夕の起源や由来まで知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。そこで、和文化研究家の三浦康子さんに、七夕の基礎知識や楽しみ方、さらに近年“新しい夏の行事”として全国に広まりつつある「夏詣」と、古今の夏の行事について解説していただきました。

 

織姫と彦星の伝説は悲恋の物語ではなかった!?
「七夕」の始まりを解説

そもそも日本の七夕は、いつどのように始まったのでしょうか? まずは七夕の起源について、三浦さんに教えていただきました。

 

「日本の七夕は、中国の『七夕伝説』と『乞巧奠(きっこうでん)』という行事が、奈良時代の日本に伝わったことが始まりとされています。そこに日本古来の『棚機つ女(たなばたつめ)伝説』や、お盆前に水辺で穢れ(けがれ)を祓う風習などが結びつき、現在の七夕になっていきました」(和文化研究家・三浦康子さん、以下同)

 

『七夕伝説』は別名『星伝説』とも呼ばれる、織姫と彦星の物語。そのあらすじを明確に知っているでしょうか?

 

———機織りが上手な織姫と働き者の牛使いである彦星は、織姫の父親・天帝のすすめで結婚しました。しかし結婚後、二人は仲良く遊んでばかりで働かなくなったため、それに怒った天帝は、二人を天の川の両岸に別れさせてしまいます。離れ離れになった二人は、今度は悲しむばかりで働こうとしなかったため、天帝は仕事に励むことを条件に、7月7日だけ二人の再会を許すことにしました。こうして二人はまた一生懸命に働くようになり、年に一度の再会を楽しむようになりました———

 

「七夕伝説は悲恋物語だと思われがちですが、このあらすじからもわかるように、本来は技芸を磨いて働くことの大切さを説いたお話です。そしてこの『七夕伝説』から中国で始まったのが『乞巧奠』と呼ばれる行事。機織りの上手な織姫にちなんで、手習い事の上達を願うための行事です。

『乞巧奠』が『七夕伝説』とともに日本に伝わると、日本の貴族たちも手習い事の上達を願って、雅な行事を行うようになりました。また、日本古来の『棚機つ女(たなばたつめ)伝説』に登場する、神様に捧げる衣を織る女性が織姫と同一視されるようになり、昔は「しちせき」と読んでいた七夕を「たなばた」と読むようになりました。さらにお盆前の習わしや収穫祝いなどさまざまな要素が結びついて、日本の七夕は成り立っています」

 

七夕は、江戸幕府が定めた「五節句」の一つでもある

さまざまな要素が結びついて生まれた七夕は、日本の「五節句」の一つでもあります。そもそも五節句とは何か、その意味や由来から解説していただきます。

 

「五節句は中国から入ってきた節句の中から、江戸幕府が祝日として制定した5つの節句のことを言います」

 

1月7日 人日(じんじつ)の節句(七草の節句)
3月3日 上巳(じょうし)の節句(桃の節句)
5月5日 端午の節句(菖蒲の節句)
7月7日 七夕の節句(笹の節句)
9月9日 重陽(ちょうよう)の節句(菊の節句)

 

「五節句の月日を見てみると、いずれも奇数が並んでいることがわかります。1月1日は、年が始まる特別な日なので別格として扱われていますが、どの節句でも奇数が並んでいるのは、中国から入ってきた「陰陽五行説」思想が関係しています。陰陽五行説では、何事にも陰と陽がある、つまりマイナスとプラスがあると考えられていて、数字の場合は、偶数が陰、奇数が陽とされています。ただし、陽の数字が並ぶ日は大変縁起がいい反面、陰に転じやすいと考えられています。そのため五節句は、お祝いをするだけではなく、邪気を祓うための行事が行われる日でもあるのです」

 

七夕の笹飾りにはどんな意味が込められている?

「五節句ではそれぞれ、季節の植物を使ったさまざまな行事が行われます。七夕は、別名『笹の節句』とも呼ばれ、笹竹に願いを書いた短冊などを吊るす『笹飾り』がつくられます。笹竹には天の神様がよりつくと考えられているため、願いごとをつるした笹飾りを天の神様に届くよう空に向かって立てるようになりました。

笹飾りは本来、七夕の前日に飾りつけをして、七夕の夜が明けたら片付けるものでしたが、今はもっと早くから用意して楽しまれるようになりました。また、昔は笹飾りを川などに流していましたが、今ではそれも一般的ではなくなっています。そのため、願いを込めてつくった飾りものをそのまま捨てるのは気が引けるという場合には、お焚き上げをしてくれる神社に持って行ったり、白い紙に包んで他のゴミと分けて処分したりするといいと思います」

 

【関連記事】日本の暮らしの豆知識を伝える、中川政七商店のものづくり

 

七夕に食べるべき「行事食」があった!

「五節句にはそれぞれ行事食もあります。七夕の行事食は『そうめん』で、無病息災を願う意味があります。もともとはそうめんではなく、『索餅(さくべい)』と呼ばれる小麦粉でつくられたお菓子のような食べ物でした。古代中国で7月7日に亡くなった子どもが悪霊となって熱病を流行らせたため、その子の好物だった索餅を供えて怒りを鎮めたことが起源とされ、この索餅がそうめんのルーツだと考えられています」

 

七夕をもっと楽しむための方法は?

これまで何気なく過ごしていた七夕も、由来や意味を知ったことでより楽しむことができるはず。そこで、七夕を家で簡単に楽しむための具体的なアイデアを、三浦さんに教えていただきました。

 

1.願い事を考えて、自分の手で書いてみる

「大人になった今こそ、あらためて願い事を考えてみてほしい」と三浦さん。短冊に書くべき願い事の内容についてもうかがいました。

 

「そもそも七夕は技芸上達を願うための行事なので、短冊に書く願い事は『自分の努力で叶えられる内容』を書くのが筋です。上達したいと思っていること、こうなりたいと思う理想の姿など、『今の自分は何を願っているのか』と真剣に考える機会は意外と少ないはず。自分自身を見つめることにもつながるので、ぜひやってみてほしいと思います。

また、最近では花屋さんで1メートルほどの小ぶりの笹も売っているので、マンションなどでも笹飾りができます。笹に短冊を吊るせない時は、願い事を考え、自分の手で書いた短冊を部屋に飾るだけでも十分。飾り方を考えるのも楽しいですよ」

 

2.七夕ならではの方法でそうめんを食べる

気軽に食べられるそうめんだからこそ、いつもとは少し違った方法で食べてみるのもおすすめです。文化的にも意味がある、そうめんと一緒に食べるといい料理や食材も教えていただきました。

 

「旧暦では7月15日がお盆だったため、昔の七夕はお盆前の行事でもありました。今でも7月にお盆の行事をするところがあるので、お盆にお供えする精進料理と一緒にそうめんを食べるのは、文化的にも意味があっていいと思います。特に野菜の天ぷらは、そうめんとの相性も抜群です。また、七夕は夏の収穫をお祝いする日でもあるので、キュウリ、ナス、スイカなど、旬の野菜と一緒に食べるのもおすすめです。そうめんを天の川に見立てて盛り付けをしても楽しいでしょう。さらに、調理する前のそうめんを、紙を敷いたお盆や皿にのせ、窓辺にお供えするというワンクッションを挟むだけでも、心が豊かになると思います」

 

【関連記事】これがそうめん!? “ソーメン二郎”に教わる驚きのそうめん事情とアレンジレシピ

 

浅草神社が始めた新しい夏の行事「夏詣」

七夕のように日本で古くから親しまれている行事がある一方で、新たな行事も誕生しています。その一つである「夏詣(なつもうで)」についても、三浦さんに解説していただきました。

 

『夏詣』とは、7月1日以降に寺社仏閣にお参りして、半年間の無事に感謝し、残りの半年間の平穏を願うための行事のこと。2014年から浅草神社が提唱している、とても新しい行事です。

夏詣が誕生した背景には、『年越しの祓(としこしのはらえ)』と『夏越しの祓(なごしのはらえ)』が深く関係しています。『年越しの祓』とは、大晦日に神社の境内にある茅の輪をくぐって、一年間の罪や穢れを祓う行事のこと。その翌日の元日には、新しい一年の平穏を願って、神社仏閣にお参りする『初詣』を行います。そして半年後の6月30日にも同じように、半年間の穢れを祓うための『夏越の祓』という行事があります。

そこで、『年越しの祓』の後に『初詣』をするのと同じように、『夏越の祓』の後に神社仏閣にお参りすることを『夏詣』と名付け、提唱されるようになりました。

現在『夏詣』は少しずつ広がっており、今後『日本の風習』として定着させることを目指しているようです。参画する神社仏閣は全国各地にあるので、近くの社寺を調べて行ってみるのもいいと思います。夏越の祓、夏詣、七夕は時期が近いので、一度にさまざまな夏の行事を楽しめる機会にもなるのではないでしょうか」

 

「日本の夏の行事はそのほかにも、土用の丑の日、夏祭りや花火大会、お盆など、さまざまなものがあります。行事の意味ややり方は一つ一つ異なりますが、日本の行事に共通しているのは、幸せを願うものだということ。それぞれの意味を知って、行事に参加してみたり、家でやってみたりすると、心豊かに過ごせます。自分達の幸せのためにできること・やりたいことを、ぜひ楽しんでみてください」

 

【関連記事】その由来と意味とは?「土用の丑の日」に考える、うなぎの食文化と取り巻く諸問題

 

【プロフィール】

和文化研究家 / 三浦康子

古を紐解きながら今の暮らしを楽しむ方法をテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、Web、講演などで提案しており、「行事育」提唱者としても注目されている。連載、レギュラー多数。All About「暮らしの歳時記」、私の根っこプロジェクト「暮らし歳時記」などを立ち上げ、大学で教鞭もとる。著書『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店)、監修書『季節を愉しむ366日』(朝日新聞出版)ほか多数。
HP https://wa-bunka.com/


提供元:心地よい暮らしをサポートするウェブマガジン「@Living」