韓国サムスンの次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S23/S23+(仮称)」のカメラスペックに関する情報を、海外テックサイトのGalaxyClubが伝えています。

↑画像はGalaxy S22、Framesira/Shutterstockより

 

現行モデルとなる「Galaxy S22/S22+(日本未投入)」では、背面に5000万画素メイン+1000万画素3倍望遠+1200万画素超広角カメラを搭載しています。さらに上位モデルとなる「Galaxy S22 Ultra」では、1億800万画素メイン+1000万画素10倍望遠+1000万画素3倍望遠+1200万画素超広角カメラが搭載されています。

 

一方でGalaxyClubによれば、Galaxy S23/S23+では新しい望遠カメラは採用されず、ともに1000万画素望遠カメラが搭載されるとのこと。これは、3倍ズームを実現した現行モデルとほぼかわらないスペックです。

 

このようにGalaxy S23/S23+のカメラの仕様があまり変わらない原因としては、Galaxy S22/S22+にてカメラスペックが大きく改善された(メインカメラが1200万画素から5000万画素に)ことが影響している可能性があります。これにより、Galaxy S22/S22+ではその撮影性能が大きく改善されました。

 

もしカメラ性能を重視するなら、来年登場するであろうGalaxy S23/S23+ではなく、再来年Galaxy S24/S24+を待ってみるという選択肢もありかもしれませんね。

 

Source: GalaxyClub via 9to5Google