日本のみならず、海外にも多数出展している大手100均ショップ・ダイソー。同社の「カビ汚れ防止マスキングテープ」は、貼るだけでカビの繁殖を防止できるマスキングテープです。一体どのように使用する商品なのか、実際にチェックしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
ありそうでなかった! 省スペース&逆さ収納で一石二鳥の「マヨケチャホルダー」レビュー

 

●貼るだけで黒カビもピンクぬめりも防げる「カビ汚れ防止マスキングテープ」(ダイソー)

湿気がたまりやすいからこそ、カビの繁殖が気になるお風呂場。特にドアのレール部分や窓枠は、カビだけでなく汚れもたまりやすい箇所です。どうにか未然に汚れ・カビを防ぐ方法はないかと思っていたところ、ダイソーで「カビ汚れ防止マスキングテープ」(110円/税込)を発見しました。

 

一見普通のセロハンテープやマスキングテープに見える同商品。良く見てみるとテープの幅が30mmあり、一般的なテープより太めのサイズ感になっています。これだけ太ければ、レールや窓枠を覆うことも簡単。長さも6m(+3m増量中)とロングサイズなので、長く使えてコスパも抜群です。

 

使い方はカビが気になる箇所に貼るだけ。素材がほどよく柔らかいので、シワにもなりにくく扱いやすくなっています。実際に貼って剥がしてみたところ、粘着部分がレールや窓枠に残ってしまうこともありませんでした。剝がれにくくて剝がしやすい、程よい粘着力です。

 

また手で切るのも簡単で、縦に裂くことも可能。貼りたい場所に合わせて自在に形や大きさを変えられます。しかし切り口の見た目が汚くなってしまう場合もあるため、気になる人はハサミなどで切ったほうが良いかもしれません。

 

実際水気が多い場所に貼ることになるため、撥水や粘着のキープ力も気になるポイント。試しにテープの上に水をかけてみると、表面がビニールっぽい手触りになっているおかげかしっかりと水をはじいてくれました。また裏に水が染みこんでしまう心配もなし。水を吸って剥がれてしまうことはないので、長時間貼っておいても問題ないでしょう。

 

さらに同商品は黒カビやピンクぬめりを防止するW効果もあるため、同商品を貼るだけで家中の防カビ対策が可能。愛用者も「汚れたら新しいテープに貼り直せばOKなのが嬉しい」「この機能でこのコスパは最強!」など高評価が続出しています。

 

お手軽に防カビ対策ができる「カビ汚れ防止マスキングテープ」。気になる箇所に貼って、カビ掃除とおさらばしませんか?

 

【関連記事】
さわり心地がいいライトってなに? ムニュっとボディが気持ちいい「ポンポンライト 星」レビュー