北海道・札幌が発祥とされ、今やすっかり全国的な知名度を獲得したスープカレー。観光や出張で札幌を訪れた際、専門店で堪能したことがある人も多いと思います。「地元でも食べれるけど本場の味を楽しみたい!」という人には、セブン-イレブンで販売中の「Suage監修 チキンと野菜のスープカレー」(788円/税込)がオススメ。どのような味わいを楽しめるのか、じっくり確かめていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
いちごソースがイイ仕事してる! ファミマの「パンケーキバーガー(ストロベリー)」はホイップクリームが圧巻のボリューム

 

●「Suage監修 チキンと野菜のスープカレー」(セブン-イレブン)

監修をおこなった「Suage」は、2007年に札幌で創業して以来ファンから愛され続けているスープカレー専門店。東京エリアのほか、韓国・シンガポール・台湾など海外にも出店している実力派です。スープはもちろん旨味を凝縮した“素揚げ”の具材が持ち味で、今回購入した商品にも素揚げされた具材がたっぷり。

 

パッケージはスープと具材の2皿に分かれているので、電子レンジで加熱してから具材をスープに投入。スープによく絡ませながら、まずはじゃがいもからいただいてみました。口に運んだ瞬間、ほどよくスパイスが効いたスープの濃厚な味わいが炸裂。熱が入ってホクホクになったじゃがいもの甘みや食感もたまりません。

 

じゃがいも以外にも、具材の野菜とスープの相性は抜群。ごろんとしたサイズのにんじんはしっかり噛みごたえがあり、苦味を残したピーマンはスパイスと重なりながら独特な後味を感じさせてくれます。

 

具材の中でも特に注目したいのが、2つも入った大きなとり肉。スパイスの辛味にかき消されてしまうことなく、噛めば噛むほどにじみ出てくる旨味とコクは同商品の大きな魅力と呼べます。赤米を使用したごはんも、カレーには欠かせない存在。スープと絡み合うことでサラサラといただくことができました。

 

既に同商品を購入した人からは絶賛の声が続出。「ピリピリ感を出しつつほどよい辛さで食べやすい」「さすが本場の有名店監修とあってめちゃくちゃクセになるおいしさ」「具材が大きいから食べごたえがハンパない!」といった反応が相次いでいます。あなたも「Suage監修 チキンと野菜のスープカレー」をセレクトして、北海道グルメの醍醐味をぜひ堪能してみてくださいね。

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
来来亭の担担麺が「まぜそば」化!? 濃厚ごまの「来来亭 担担まぜそば大盛り」をガツンと食べる