店主の好きなモノだけを集めた店や、書く楽しみを伝える店など、個性的な文房具店が日本全国に存在する。思わず足を運んで寄ってみたくなる文房具店をピックアップした。

 

※こちらは「GetNavi 20227月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

夕方17時からユルく開店するユニークな小さい文房具店

 

ぷんぷく堂

(住) 千葉県市川市八幡5-6-29

https://www.punpukudo.jp

店主

櫻井有紀さん

「子どもが書きやすい鉛筆を探しにご来店したお客様にクツワの『ホクサイン』をオススメ。何度も購入するほど気に入ってもらえてうれしかったです。こういう出会いが楽しい!」

 

 

店主のときめきや縁で繋ぐいつまでも飽きない商品棚

夕方17時になると、軒先に赤い提灯が吊されてドアが開く。ぷんぷく堂は、ユルい文房具店だ。

 

こぢんまりとした店内には、店主の櫻井さんが厳選したかわいい商品がズラリと並ぶ。一角にある、オリジナル文房具の数々も圧巻。櫻井さんは、2017年の日本文具大賞のデザイン部門グランプリを獲得した“ひとり文房具メーカー”としても知られた人である。

 

「ひとりと言っても、紙メーカーの営業さんとの雑談が開発の元になったりと、様々なご縁で作られた商品が多いんです」(櫻井さん)

 

いまも新商品を準備中とのこと。常に新しいモノを生み出し、ユーザーを驚かせてくれる。

 

↑オリジナル商品のほか、コラボアイテムも豊富。特にイラストレーターmizutamaさん×「あなたの小道具箱」(3410円)は、大人気だ。フエキくんやSuicaのペンギンともタッグ