近年人気を集めている“汁なし”の麺料理・まぜそば。「まだ食べたことがない」という人は多いと思いますが、街中では専門店も目立つようになってきました。そこで今回は、インスタント麺で楽しむべくセブン-イレブンで販売中の「蒙古タンメン中本 辛旨魚介味噌まぜそば」(246円/税込)を購入。汗だくになりそうな予感のする商品ですが、どのような味わいを楽しめるのかじっくり確かめていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
好きなもの全部乗せの魅力! セブンの「銀座デリー監修 ハンバーグカレードリア」から広がる旨味と刺激

 

●「蒙古タンメン中本 辛旨魚介味噌まぜそば」(セブン-イレブン)

商品名に含まれている「蒙古タンメン中本」といえば、関東を中心に20店舗以上を展開する激辛ラーメンの人気店。辛子麻婆豆腐がのった「蒙古タンメン」や、熱々の激辛スープで辛さを極めた「北極ラーメン」などのメニューで知られています。そんな蒙古タンメン中本の魅力を詰め込んだ“会心の商品”だけに、辛さのレベルが気になるところ…。

 

湯切り後の麺に液体だれとえび魚粉を混ぜると、味噌とえび魚粉の入り混じった芳醇な香りが漂ってきました。いただく直前まで「インスタントだからそんなに辛くないかな?」と予想していたものの、これが大間違い。麺を一口含んだ瞬間から強烈な辛味に襲われ、あっという間に口の中がピリピリに。麺を飲み下しても、刺激は収まるどころか強さを増していく感覚があります。

 

パンチの効いた辛味は、まさに蒙古タンメン中本からの洗礼。数口いただいただけで汗がにじんできたほどですが、一方で“ただ辛い”だけではありません。刺激の中にも味噌のコクを感じられて、奥深い味わいが後を引くことに。えび魚粉の風味も重なり、刺激と魚介味噌の調和を堪能できるのが同商品の大きな魅力です。

 

インパクト抜群の味わいだけでなく、麺や具材の食感も注目したいポイント。たれがよく絡んだ太麺は食べごたえがあり、キャベツや豚ミンチなどに混ざるきくらげのコリコリ感もしっかりアクセントになってくれました。

 

既に同商品を味わった人からは、「ガチレベルで辛くてびっくりした!」「辛さの中にも旨味を感じられるこの味こそ蒙古タンメン中本の実力」といったコメントが続出。「蒙古タンメン中本 辛旨魚介味噌まぜそば」が放つ旨辛な刺激を、あなたも受け止めてみませんか?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
抹茶好き必見の新フレーバー! ローソンの「生ガトーショコラ 抹茶」が放つ濃厚なコクにびっくり