2021年にブームが訪れた“マリトッツォ”は、なんといってもボリュームたっぷりのクリームが魅力。まさにスイーツ好きにはたまらない一品といえます。コンビニでもたびたび関連商品が並び、7月12日にはローソンで「Uchi Café×Milk MILKマリトッツォ 生クリームチーズ」(268円/税込)の販売がスタート。その味わいを確かめるべく、さっそく購入してみました。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
これぞ“ザ・夏”の味わい! 「日清焼そばU.F.O.濃い濃いシーフード」はレモンのさわやかな香りを楽しむべし

 

●「Uchi Café×Milk MILKマリトッツォ 生クリームチーズ」(ローソン)

ローソンとのコラボレーションで同商品を生み出した「Milk」は、2017年7月に誕生した日本初の生クリーム専門店。産地・ブレンド・製法にこだわり、“本当においしい生クリーム”を追求しているのが特徴です。ローソンとの共同開発商品が店頭に並ぶのは4回目で、今回はマリトッツォ以外にもコッペパンやサンドイッチなど計7品を展開。いずれも「Milk」の魅力がぎっしり詰まっていますよ。

 

それでは「MILKマリトッツォ」をいただいてみましょう。ご覧のとおり、ブリオッシュ生地にサンドされたクリームの量は圧巻の一言。大きく口を開いてかじりついた瞬間、クリームの濃厚かつ繊細な甘みが一気に広がっていきました。商品公式ページによると、クリームには北海道産生クリーム・マスカルポーネ・練乳を使用。ボリュームたっぷりながら、クドさを感じさせない丁寧な仕上がりに誰もが驚くはずです。

 

マリトッツォを食べ進めていたところ、ふとクリームの味わいに変化が。同商品はクリームとともに、北海道産牛乳とマスカルポーネ入りのチーズソースもサンドされているのがポイント。チーズ特有のコクがアクセントになりつつ、スっと口の中に溶けこんでくるのでクリームの風味を損なうことはありません。

 

ブリオッシュ生地もパン特有の香りと弾力のある食感がGOOD。クリームとチーズソースを優しくサンドしつつ、存在感をしっかりアピールしてきました。

 

購入者から「クリームのミルク感がすごい!」「甘すぎず重さのない後味がイイね」といった反応が相次いでいる「Uchi Café×Milk MILKマリトッツォ 生クリームチーズ」。マリトッツォブームはまだまだ続きそうです。

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
野菜の量、多すぎじゃない…? ローソンの「路地裏カリィ侍.監修 10種野菜ともち麦のスープカレー」は食べごたえ満点のボリューム!