モノタロウはHPに「現場を支えるネットストア」と記載されているとおり、取り扱い点数は約1800万点以上と文句無しの品揃えを誇ります。現在は工具・部品だけではなく、オフィス家具・文房具なども取り扱うなど幅広く商品を展開中。自社製品への開発にも力を入れており、今回はモノタロウ自社製品の「ハンドマグネットキャッチャー」のレビューをしていきます。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
【モノタロウ】目からうろこ!靴を脱ぐのが面倒くさいなら、そのまま「スリッパ」をはけばいいんだ!!

 

●吸着面が磁石になっていて、釘やボルトなどの金属製品を収集できる「ハンドマグネットキャッチャー」(モノタロウ)

DIYなどで大型家具を作ったときなどに散らばる釘などの金属製品。床から集めるのに毎回腰をかがめて回収していくのは大変なものです…。また回収漏れがあって子どもが踏んだりすると怪我をする恐れも。そこで活躍してくれそうなアイデアグッズが、モノタロウの「ハンドマグネットキャッチャー」(1419円/税込)。

 

見た目は排水溝の詰まりを直す道具であるラバーカップのような形状でした。大きさは、約670(全長)×91㎜(外経)ほど。重さは約400gと見た目の印象よりも軽く、女性でも問題なく取り扱えますよ。

 

さっそく床に落ちた釘を拾えるのか試してみましょう。金属が吸着面のマグネットにピッタっとくっつく仕組みで、電源や電池は一切不要なのは使いやすい仕様です。

 

吸着面の素材は樹脂で、気になる吸着力ですが約111kgf。釘に近づけるとしっかりとくっつき、軽く振った程度では落ちる気配がありませんでした。重心が吸着面側にあるので、軽く振るだけで振り子のようにある程度の範囲はカバーできます。

 

 

 

吸着したあとは、持ち手にあるレバーを引っぱるだけ。磁力がオフになって吸着した金属がバラバラと落ちるので、一気にツールボックスなどに集めることができます。

 

スリムなボディなのでちょっとしたスペースがあれば立てて置け、黄色い柄が目立つので見つけやすいのも嬉しいポイント。DIYなどに使えるほか、金属と非金属の選別にも使用可能です。

 

購入者からは「駐車場やガレージに置いておけば、尖った金属が置ちていないかパンク対策もできる」「癖になる楽しさがある! 子どもがやりたがりますよ」といった声が。お値段もお手頃で優秀なモノタロウの「ハンドマグネットキャッチャー」をぜひチェックしてみては?

 

【関連記事】
【モノタロウ】カレーうどんには必須! 使い捨て「不織布エプロン」は30枚入り500円以下で超リーズナブル!