PC向けゲーム配信プラットフォームSteamは、最近はありとあらゆるコントローラーに対応している印象がありますが、ついに最新アップデートでNintendo Switch(以下スイッチ)用の「クラシックコントローラー」のサポートが追加されました。

 

公式リリースノートでは「Nintendo Switch Onlineのクラシックコントローラー」と、やや曖昧な書き方がされています。しかしThe VergeがSteamを運営するValve社に確認したところ、スイッチ専用の「ファミリーコンピュータ コントローラー」「スーパーファミコン コントローラー」「NINTENDO 64 コントローラー」「セガ メガドライブ ファイティングパッド 6B」すべてに対応しているそうです。

 

これらは全てNSO(略称)加入者限定で販売されており、スイッチで遊ぶつもりがない、Steamだけで遊びたい人(いるかどうかは不明です)は少し余分にお金が掛かります。なお米国ではN64やメガドラのコントローラーは品切れ中だそうで、めったに在庫が切れない日本のユーザーは幸せといえそうです。

 

今回のアップデートではQanbaのObsidianとDragon Arcadeジョイスティック、さらにHori Fighting Stick Mini 4といったアーケードスティック系に対応したのは、対戦格闘ゲームファンにとって喜ばしいところでしょう。特に「カプコンアーケード 2ndスタジアム」が発売された直後でもあり、『ストリートファイターZERO3』や『ヴァンパイア ハンター』でも大活躍するはず。

 

ほか、ソニーのDualSenseコントローラーへの対応も改良されています。Windows版ではファームウェア更新も可能となり(ソニー公式のファームウェア更新アプリ配信を受けたもの)、改善されたランブルエミュレーション(振動)も有効にできます。

 

ゲームコントローラーやアケコンはかさばったり場所を取るため、ゲーム機ごとにダブりを買いたくないものです。今回のSteamアップデートは、資源の節約は、ひいては環境保護にも繋がるかもしれません。

 

Source:Steam
via:The Verge