暑い季節に欠かせない、冷たいスープ・つゆを使った麺料理。普段はアツアツの状態でいただくラーメンやうどんをサラっと口にできて、しっかりお腹を満たしてくれますよね。そこで今回は、ローソンで販売中の「中華蕎麦にし乃監修 かつお昆布の冷しまぜそば」(538円/税込)をセレクトしてみました。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
ピスタチオのアピールがすごい… ファミマに登場した「ピスタチオのバウム」は繊細な甘みが魅力

 

●「中華蕎麦にし乃監修 かつお昆布の冷しまぜそば」(ローソン)

同商品は、7月26日より展開されている「ご当地麺」にラインナップされたメニューの1つ。監修をおこなった「中華蕎麦にし乃」は東京の有名店で、「かつお昆布の冷しまぜそば」と併せて「中華蕎麦にし乃監修 汁なしニボ台湾ラーメン」(538円/税込)も販売されています。地域限定商品が多くを締めるなか、中華蕎麦にし乃監修の2商品は全国発売なのでどなたの目にも触れやすいのではないでしょうか。

 

「かつお昆布の冷しまぜそば」は麺・つゆ・具材が分かれていて、トレーには焼き豚・レモン・ほうれん草・枝豆・揚げ玉・なると・ネギが。まさにボリューム満点と呼ぶに相応しく、具材を麺に盛りつけていくたびに期待感が増していきます。レモンを軽く絞ってからつゆを一口いただいたところ、レモンの酸味に負けず“かつお昆布だし”の効いたつゆの旨味がじわり。かつおと昆布の芳醇な味わいに、レモンの香りが重なることで生まれたさわやかな後味がたまりません。

 

そんなつゆをしっかり絡めた状態でいただく麺も魅力的。つるんと口の中に飛びこんでくる感触や、とてもなめらかな舌ざわりに誰もが驚くはずです。また、噛めば噛むほどしっかりコシを感じさせてくれる歯ごたえもGOOD。

 

選び抜かれた具材が使用されているだけに、各トッピングが生み出す味わいも印象に残ります。焼き豚からは豚肉特有のコクがあふれ、つゆと相性ばっちりの揚げ玉や枝豆も存在感を発揮。ひと思いに麺と具材をかき混ぜてから口に運んでみても、味がぶつかり合うことなくそれぞれの持ち味を楽しめました。

 

購入者から「和風だしがしっかり効いててレモンの風味とも合ってる!」「だしが絡んで一層トゥルントゥルンになった麺がいい」と絶賛されている同商品。あなたも夏場の食欲対策に選んでみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
マンゴー好き大歓喜! ファミマの「マンゴーラッシー風パフェ」は自然な甘さを感じられる一品