ミートソースやペペロンチーノなど、様々なバリエーションが楽しめるスパゲティ。味つけだけでなく、麺に絡む具材の味わいも1つの魅力ですよね。そこで今回は、7月26日からファミリーマートで販売が始まった「あさりの旨みが広がる ボンゴレスパゲティ」(460円/税込)に注目。どのような風味を感じさせてくれるのか、じっくりレビューしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
“面倒”と言い切る潔さ! 「日清 最高に面倒で、最高にうまいラーメン。家系豚骨醤油」で楽しむ超濃厚スープ

 

●「あさりの旨みが広がる ボンゴレスパゲティ」(ファミリーマート)

“ボンゴレ”とは、あさりなど二枚貝を使用したイタリアのパスタ料理のこと。また白ワインをベースにしたものをボンゴレビアンコ、トマトソースベースをボンゴレロッソと呼びます。ちなみに「あさりの旨みが広がる ボンゴレスパゲティ」は魚介ソースベース。あさりだけでなく、炒めたにんにくが加えられているのも特徴です。

 

レンジで加熱調理(目安時間 500Wで3分)してからフタを開けると、湯気と一緒に魚介ソース&にんにくの組み合わさった芳醇な香りが。そのこうばしさに感動していたのも束の間、「いったい何個入っているんだ」と数えたくなるほど大量のあさりに驚かされます。さっそくあさりの1つを口に運んでみたところ、やわらかくふわっとした食感に再びビックリ。ちょうどいい蒸し焼き加減で、貝特有のくさみもほとんど気になりません。

 

続けていただいた麺からは、商品名のごとくあさりの旨みがじわり。しかし次の瞬間、にんにくの風味もはっきり顔を覗かせてきます。どちらかの主張が強いということはなく、例えるなら“絶妙なバランス力”によって成り立った仕上がり。最初に感じた香りと同様、2つの風味が繊細に重なり合っている印象です。

 

麺そのものの食感もよく、モチモチかつツルっとした歯ごたえがGOOD。麺に絡まるかたちで唐辛子が口の中へ飛びこんできて、ピリピリと舌に広がる刺激がアクセントになってくれました。

 

ネット上でも「大量にあさりが入ってて満足感ハンパない」「あさりとにんにくのコンビがめちゃくちゃイイ仕事してる!」といった声が寄せられています。「あさりの旨みが広がる ボンゴレスパゲティ」が醸し出す奥深い味わいを、ぜひ楽しんでみてくださいね。

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
レモンがこんなに合うとは… ローソンの「中華蕎麦にし乃監修 かつお昆布の冷しまぜそば」で楽しむさわやかな味わい