英Nothingは新型スマートフォン「Nothing Phone (1)」を8月19日から、家電量販店やECサイトにて国内販売を開始すると発表しました。なお、製品予約は8月10日から開始します。

↑Nothingより

 

Nothing Phone (1)はミドルレンジ向けのスマートフォンで、背面のスケルトンデザインやLED発光機能「グリフ・インターフェイス」が特徴。8月2日には、KITH TOKYOにて限定発売も実施されました。また、発売前に20万台以上の先行予約を集めていることも報じられています。

 

今回発売されるのは、先行発売された8GB RAM/256GB ROMモデル(6万9800円、以下すべて税込)だけでなく、8GB RAM/128GB ROMモデル(6万3800円)や12GB RAM/256GB ROMモデル(7万9800円)も含まれます。使い方にあわせて、好みのモデルを選択することができます。

 

さらに同時発売として、45W PD対応アダプター(4980円)やPhone (1)ケース(ブラック/クリア:2980円)、Phone (1)プロテクター(2980円)も登場。なお、45W PD対応アダプターは公式サイトとKITH TOKYO限定となります。

 

Nothing Phone (1)が販売されるのは、エディオン、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラ、蔦屋家電+、KITH TOKYO、Amazon、ひかりTVショッピング、Nothing公式サイト、IIJmio、NTTレゾナントとなっています。販売チャンネルが広まることにより、Nothing Phone (1)がより身近な存在となりそうです。

 

Source: Nothing