韓国サムスンからの近日中の発表が期待されている横折りスマートフォン「Galaxy Z Fold4(仮称)」について、スタイラス「Sペン」や「Android 12L」への対応を示唆する画像が、Telegramグループに掲載されています。

↑Telegramより

 

8月10日のイベントにて発表されるであろう、Galaxy Z Fold4。以前に流出した公式らしき画像では、その本体デザインが現行モデル「Galaxy Z Fold3」とほぼ変わらないことが示唆されていました。

 

今回掲載された画像では、まずGalaxy Z Fold4にて新型のSペンケースが登場することがわかります。ケースが存在するということは、Galaxy Z Fold3と同じくSペンに対応することは間違いないでしょう。

 

↑Telegramより

 

さらにディスプレイには、Android 12Lのタスクバーが描写されています。Android 12Lは大画面デバイスに最適化されており、素早いアプリの切り替えなどマルチタスク機能が改善されています。

 

外部ディスプレイは6.2インチ/縦横比23.1:9と、Galaxy Z Fold3よりも幅広に。内部ディスプレイも7.6インチ/縦横比21.6:18と、よりワイドになっています。また外部ディスプレイは、ヒンジとベゼルがスリムになっています。

 

このように、前モデルからさまざまな改良が加えられそうなGalaxy Z Fold4。特にディスプレイがよりワイドになることで、動画視聴がさらに快適になりそうです。

 

Source: Telegram via 9to5Google