米モトローラは新型折りたたみスマートフォン「Moto Razr 2022」を中国向けに発表しました。

↑モトローラより

 

韓国サムスンの「Galaxy Z Flip4」と同じく、縦折りタイプとなるMoto Razr 2022。その特徴は、より高速な6.7インチ/FHD+解像度/最大144Hz駆動のディスプレイを採用していることです。また外側のディスプレイも2.7インチと、より大型なものが採用されています。

 

プロセッサには最新の「Snapdragon 8+ Gen 1」を搭載。これに、12GB RAMと512GB 内蔵ストレージが組み合わされています。カメラは外側が5000万画素メイン+1200万画素超広角、内側が3200万画素セルフィーカメラとなっています。

 

本体のヒンジは改善された「Star Trail」構造により、開いたときによりフラットな形状となります。内蔵バッテリーも3500mAhと、前モデル「razr 5G」から拡大されています。

 

Moto Razr 2022の価格は5999元(約12万円)からで、まず中国向けに投入されます。Galaxy Z Flip4よりも一部スペックで勝りながら若干廉価なMoto Razr 2022は、十分な競争力がある折りたたみスマートフォンといえそうです。

 

Source: 9to5Google