昨年のApple Watch Series 7は9月に発表されたものの、発売は10月となり、注文しても出荷まで待たされることになりました。しかし、今年の「Apple Watch Series 8」は在庫は十分に用意されており、新たな色合いの赤((Product)RED)のカラーバリエーションがあるとの噂が伝えられています。

↑Shutterstockより

 

有名リーカーShrimpApplePro氏は新たなツイートで「Series 8」の詳細について情報を発信しています。ShrimpApplePro氏はいち早く「iPhone 14 Proではノッチ(画面上部の切り欠き)がなくなりパンチホール2つ」を予想した人物で、最近も「iPhone 14 Proのダミー」画像を公開していました。

 

さて最新ツイートによると、Apple Watch Series 8は先代のSeries 7と同じく41mmと45mmの2サイズが引き継がれるとのこと。また(PRODUCT) REDの赤は「新色のレッド」つまり違う色合いに見えるそうです。

 

Apple Watch Series 8は、Series 7よりもカラバリの種類が少なくなると予想されています。先代のブルーとグリーンがなくなり、ミッドナイト、スターライト、PRODUCT(RED)、シルバーのみになると言われています。

 

またApple Watch Series 8のパッケージはSeries 7と同じ見かけながらも、接着剤の量が多くなっているそうです。これによりシールを剥がしたときに糊の跡が残り、開封済みだと分かりやすくなるというわけです。

 

さらに箱の中身、つまりApple Watch Series 8本体のデザインもSeries 7と違いはほとんどないそうです。今年の最新モデルには体温センサー搭載が噂されています が、外から見ても分からないかもしれません。

 

最後に、在庫は十分に確保できており、発送が遅れることはまったくないと予想されるそうです。今年は急いで注文しなくても、商品の到着を待たされることはないのかもしれません。

 

Source:ShrimpApplePro(Twitter) 
via:MacRumors