7月5日、日本を代表する世界的デザイナー、山本耀司氏が手掛けるブランド「ヨウジヤマモト」とのコラボ企画を発表した読売ジャイアンツ。ブランドを象徴する漆黒のデザインが話題となったが、ついに、9月6日から東京ドームで行われる横浜DeNA3連戦で、選手が着用して試合に挑む。

 

この投稿をInstagramで見る

 

読売ジャイアンツ(@yomiuri.giants)がシェアした投稿

 

コラボ企画実施を前に、渋谷スクランブルスクエアや駅構内、さらには車両内を告知ポスターなどで染める電車ジャックも行われ、公式ツイッターでは電車ジャックを準備するレアな動画も公開された。

 

また、9月6日の始球式には「Yohji Yamamoto 2023春夏コレクション」にモデルとして出演した、俳優の伊藤英明さんが務めることも発表。

 

この3日間、各日来場先着1万5000名には「Yohji Yamamoto特別ユニホーム」がプレゼントされるが、東京ドーム23ゲート横の直営グッズショップ「G-STORE」では、9月6日11時(予定)より数量限定で選手/番号なしのレプリカユニホームが販売される。

 

ジャイアンツオンラインストアでは「レプリカユニホーム(税込2万5000円)」、「プロコレクションユニホーム(税込6万6000円)」の予約販売が行われている。商品が届くのは10月下旬から11月下旬となるので、9月6〜8日のゲームには間に合わないが、オシャレにもこだわりたいG党ならばチェックしよう。

 

また、9月6日の正午からは「コラボレーションロングTシャツ(税込2万2000円)」、「コラボレーションキャップ(税込1万6500円)がジャイアンツオンラインストアとNEW ERA公式オンラインストアで発売される。