事業者向けの工具やオフィス用品などを幅広く取り扱っているモノタロウ。プロ向けの商品とはいえ個人でも利用できるため、プライベートで使いたい時にも便利です。今回ピックアップしたのは、DIYなどでちょっとした怪我をしてしまいがちなシーンにオススメの「腕カバー 耐切創 ロング」。「厚手なので安心して作業できます」「丈夫で長持ちする」と高い評価を得ています。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
【モノタロウ】ツールとパーツを収納できる整理収納の救世主! ありそうでなかったツールボックスを発見

 

●家具の組み立てや庭木の剪定などにつきものの擦過傷を防げる「腕カバー 耐切創 ロング」(モノタロウ)

DIYやガーデニング、大掃除などをしていると、軽い切り傷や擦り傷がついてしまうことも多いですよね。軍手などで手は保護していても、手首から腕にかけては無防備なままで作業していませんか? そんなときピッタリなのが、モノタロウの「腕カバー 耐切創 ロング」(384円/税込)。一双セットで販売されているため、両腕を同時に保護できます。

 

編み目は一般的な軍手と同じ7ゲージタイプ。触ってみると生地は少し厚めで縫製もしっかりしていました。材質には米国デュポン社の登録商標であるケブラー(R)紡績糸を使用。切れにくい耐切創性と、燃えにくい耐熱性を併せ持った商品です。

 

全長は17cmあり、手首から肘の近くまで保護することが可能。袖口の幅は最小7.5cmと見た目はスリムですが、伸縮性があるため簡単に着用できて腕にもしっかりフィット。安心して作業に集中することができます。ただ腕が太い方の場合は少し圧迫感を感じてしまうかもしれません。

 

 

軍手ではカバーしきれない手首から腕にかけての擦過傷や火傷を防止することができる腕カバーですが、着用しているからといって油断や過信は禁物。たとえば繊維の縫い目には隙間があるため、アイスピックや錐など先が鋭く尖ったものによる突き刺しは防ぎきれないといった注意点があります。

 

ネット上のレビューでは「作業の内容的に仕方ないと諦めていた擦過傷がなくなった」「手首から上を保護できるので、半袖でも作業できる」という声も。ひとつひとつはたいしたことのない切り傷や火傷だとしても、怪我をしないに越したことはありません。少しでも作業の安全性を高めるため、「腕カバー 耐切創 ロング」を使用してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】
【モノタロウ】使い捨てできる雑巾!? 布感覚で使える「紙ウエス」がとっても優秀