世界中に店舗を展開する100円ショップの代名詞・ダイソー。食品グッズも品揃えが豊富ですが、今回はユニークな商品を発見しました。その名も「電子レンジ調理器(ご飯一合炊き用)」。炊飯器を使わずとも、これ一つでご飯が炊けてしまうアイデア商品です。本当に炊くことができるのか、実際に使用してみましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
冷凍ネギやピザ用チーズの保存にいかが? 振るだけでほぐせる万能透明ポット

 

●一人暮らしにも相性がいい「電子レンジ調理器(ご飯一合炊き用)」(ダイソー)

日本人の主食・ご飯。でも、毎回炊飯器で炊くのは意外とめんどくさいものです。もっと簡単にご飯が炊けないかと思っている時に、ダイソーで偶然見つけて購入したのが「電子レンジ調理器(ご飯一合炊き用)」(110円/税込)でした。丁寧な説明書も付いているのでさっそくトライしたいと思います。

 

大きさは15.2(幅)×15.2(奥行)×11cm(高さ)と、一合炊きなのであまり大きくはありません。収納する際に食器棚に入れても、邪魔にならないのはうれしいですね。容器は−20℃〜140℃まで対応可能なタフな設計。炊いたご飯を別容器に移す手間なく、そのまま冷蔵・冷凍保存ができる優れ物です。

 

また中蓋が備わっていて水切りに使えるのが便利。お米を流出させる心配なく水を切ることができました。

 

 

電子レンジでの炊飯中は吹きこぼれるケースもあるので、お皿に乗せてレンチンするのがオススメ。実際に炊いてみたところ、炊飯器で炊いたご飯と変わらないクオリティに仕上がりました。水に浸したり蒸らしたりする時間は必要ですが、手間はまったくかかりません。見た目を気にしなければ、容器のまま食卓に並べられるのも助かります。容器の作りもシンプルで細かい隙間などがなく、洗い物もあっという間に終わりました。

 

商品の愛用者からは「炊飯器を持ってないので助かります」「手軽に炊けて片付けも簡単で嬉しい」「一人暮らしなので、これで充分」など好評の声が寄せられています。そのまま冷蔵・冷凍保存もできる「電子レンジ調理器(ご飯一合炊き用)」で、手間なくホカホカご飯を炊いてみませんか?

 

【関連記事】
これ一台でDIYが完結!? ダイソーの工作用タッカーが便利なわけ