おもしろローカル線の旅95〜〜JR東日本・青梅線(東京都)その2〜〜

 

先週に引き続き青梅線の旅をご紹介。今回は青梅駅から終点の奥多摩駅を目指して旅を続けたい。「東京アドベンチャーライン」という愛称を持つ青梅駅〜奥多摩駅間は、全線が多摩川沿いで、自然に囲まれて走る。山景色、渓谷美とともにアウトドアレジャーも楽しめるワイルドな路線だ。

*取材は2019(令和元)9月〜2022(令和4)年7月10日に行いました。一部写真は現在と異なっています。

 

【関連記事】
意外に知らない「青梅線」10の謎解きの旅〈前編〉

 

【青梅線はワイルド①】レトロな青梅駅の雰囲気を楽しみつつ

路線距離37.2kmの青梅線のちょうど中間にあるのが青梅駅。今週は残り18.7kmの青梅駅〜奥多摩駅間を中心に紹介したい。

 

青梅線を敷設した青梅鉄道(後に青梅電気鉄道と改称)の元本社ビルがある青梅駅。同駅は17年前に「レトロステーション」としてリニューアルした。駅の案内や待合室など、レトロな造りがアクセントとなっている。

 

この青梅駅までは、立川駅もしくは中央線からの乗り入れ電車があるが、奥多摩駅方面へは青梅駅での乗換えが一般的となる。なお平日朝は立川駅〜奥多摩駅間を、また週末には東京駅や新宿駅と奥多摩駅を結ぶ上り下り「ホリデー快速おくたま」が本数は少なめながらも運行されている。

 

青梅駅は1・2番線ホームがあり、立川駅方面から到着する電車のちょうど向かい側ホームから奥多摩駅行きの電車が発車する(2番線ホームからの発車が多い)。奥多摩駅行き電車の発車まで時間があるようならば、駅地下道の映画看板をじっくり見て、レトロな待合室で時間を過ごすのもいいだろう。

↑98年前に建てられた青梅駅の駅舎。ホームの待合室は「待合室」の文字が右から書かれレトロな雰囲気(右上)

 

青梅駅から奥多摩駅方面行き電車の時刻は平日と週末でかなり異なっている。平日は1時間に1〜2本の列車本数。一方、週末は本数が増え、朝6〜8時台は1時間に3〜4本で、日中は約30分おきに発車する。その一方で15時以降は列車の間隔がやや空くようになる。ハイキング客やレジャー客に合わせたダイヤ設定なのである。

 

ちなみに、奥多摩駅発の電車は平日が1時間に1〜2本で、週末は6時台と15・16時台が1時間に3本と列車の運行が増える。増える列車の一部が快速電車で、そのうち「ホリデー快速おくたま」は奥多摩駅〜青梅駅間の停車駅が、御嶽駅のみになるので注意したい。

 

【青梅線はワイルド②】青梅丘陵の自然林を見ながら宮ノ平駅へ

青梅駅から青梅線の旅を始めよう。青梅駅を発車すると間もなく北側、進行方向右手に丘陵地帯が連なり、電車は樹林を眺めて走るようになる。この丘陵は青梅丘陵と呼ばれ、先週取り上げた青梅鉄道公園から先、尾根をたどるようにハイキングロード(栗平林道)が続いている。ちょうど青梅線に平行した丘の上部には、複数の休憩所やトイレも設けられ、青梅線の軍畑駅(いくさばたえき)に降りるコースが設けられている。

↑青梅駅を発車、次の宮ノ平駅(右下)を目指す奥多摩駅行き電車。線路の北側は自然林が連なっている

 

そして次の駅、宮ノ平駅へ。北側は丘陵が続くが、南側は青梅街道、そして蛇行して流れる多摩川沿いまで民家が広がっている。

 

宮ノ平駅の次は日向和田駅(ひなたわだえき)で、ここは吉野梅郷(よしのばいごう)の最寄り駅だ。駅の南、多摩川を渡った徒歩15分ほどのところに梅の公園がある。残念ながら2014(平成26)年に公園内の梅がウィルスに感染、園内の梅が全部伐採された。その後にNPO法人が立ち上げられ梅の再生を目指す活動が行われている。見ごろは東京都内の梅よりは遅く2月下旬〜3月中旬とされている。

 

【青梅線はワイルド③】誰が利用するの?不思議な石神沢踏切

日向和田駅の次は石神前駅(いしがみまええき)だ。この駅、名前がこれまで3回変わっている。駅が開業した1928(昭和3)年10月13日の名前は楽々園停留場だった。楽々園とは青梅鉄道が設けた遊園地で、東京の西多摩唯一の遊園地だったとされる。現在、遊園地跡は大手企業の保養施設となっている。

↑石神前駅のすぐそばにある石神社。境内の大銀杏(右手に立つ)が知られる。石神駅前のモミジの葉は晩秋に色づく(左上)

 

1944(昭和19)年に青梅鉄道から国鉄の路線となった時に三田村駅となり、さらに3年後の1947(昭和22)年3月1日に、現在の石神前駅と名が変更された。

 

現在の石神前駅は、駅の東側100mにある石神社(いしがみしゃ)の名前にちなむ。創建時期は不明という古社で、境内に立つ大銀杏は幹周りが6.6mもあり、乳信仰の対象になっている。樹皮を煎じて飲むと母乳がよく出るようになると言い伝えられる。

 

この石神社の目の前を青梅街道が通る。この街道沿いを青梅側に行くこと数分。ちょっと不思議な踏切がある。踏切の名前は「石神沢踏切」。森に包まれていて、この踏切を通る人はほぼいない。踏切を渡った山の入口には「通行禁止・青梅市森林組合」とあり鎖錠(さじょう)されている。林業関係者の車しか走ることのできない踏切なのである。

↑森の中の石神沢踏切。青梅街道から石神入林道へ入る入口にある。林道の先には「通行禁止」の立て札があり鎖錠されている(右上)

 

青梅線沿線には警報器の付かない第四種踏切がある。対して石神沢踏切には警報器+遮断器が付いている。森林組合の関係者もあまり使っていないようで、ちょっと過分な設備に感じた。ちなみに、踏切があるのは石神入林道と呼ばれる林道で、先に進むと前述した青梅丘陵ハイキングコースにつながっている。そのためハイカーなどの利用がごくわずかにあるようだ。

 

【青梅線はワイルド④】軍畑はやはり古戦場との縁が深かった

石神沢踏切付近では青梅丘陵がせり出し、青梅線は多摩川のすぐ間近を走るが、次の二俣尾駅付近は平地となり住宅地が広がる。多摩川の両岸に住宅が建つのはこの二俣尾駅付近まで。この先、急に山深くなっていく。

 

次の駅が軍畑駅だ。「いくさばた」という名前は、やはり戦いに関係が深いのだろうか。駅名案内にそのヒントがあった。

↑軍畑駅の駅舎と駅名案内(左上)。駅舎に記された駅名の上にはこの地を治めた三田氏の家紋が付けられている

 

駅名案内には駅の名前とともに、兜のイラストの下に「辛垣(からかい)の合戦」の文字。調べてみると、戦国時代の合戦であることが分かった。簡単に触れておこう。戦国時代初頭に青梅から現在の飯能にかけて治めていたのが三田氏だった。当初は小田原の北条氏の傘下に入っていたが、その後に上杉謙信の側につく。二俣尾駅と軍畑駅間の北側に築かれた山城「辛垣城」で北条軍を迎え撃った。

 

その時に戦場となったのが軍畑駅付近だったという。北条軍は多摩川を渡り攻め入り辛垣城は落城、三田氏は滅んだとされる。軍畑駅の駅名の上に丸い「三つ巴(みつどもえ)」のデザインが描かれるが、このデザインこそ、戦国の世に青梅を治めた三田氏の家紋だったのである。

↑軍畑駅の近くには茅葺きの民家も残る。奥に見える山付近に三田氏の居城、辛垣城があったと思われる

 

軍畑駅付近では、ぜひとも見ておきたい構造物がある。軍畑駅の東側を流れる平溝川にかかる鉄橋で、奥澤橋梁と呼ばれる。橋脚が末広がりで組まれ、鉄骨で強化されている。この構造の橋はトレッスル橋と呼ばれる。アメリカから導入された技術で、国内では山陰本線の余部橋梁(あまるべきょうりょう)が代表的な橋だったが、老朽化などへの対応のため余部橋梁は2010(平成22)年に新しい橋に架け替えられている。

↑日本では数少ないトレッスル橋の奥澤橋梁。青空を背景にした赤い鉄橋が絵になる

 

国内のトレッスル橋は現在、道路橋を含め11か所しかなく貴重になりつつある。多くが大正末期から昭和初期にかけて造られた橋で使用部材量が少なくて済むことが長所だとされる。青梅線ではこの奥澤橋梁がトレッスル橋だが、御嶽駅から先、戦時中に造られた橋とは構造が大きく異なるところがおもしろい(詳細後述)。

 

【青梅線はワイルド⑤】駅から徒歩3分でカヌーが楽しめる

軍畑駅の一つ先が沢井駅。こちらはお酒好きにお勧めの駅だ。駅の南側を多摩川方面に降りて行くと、小澤酒造という蔵元がある。創業300年以上の歴史がある酒蔵で、生酛造りという伝統的な製法で日本酒を製造している。代表的な銘柄「澤乃井」は東京の地酒としても良く知られている。「澤乃井園」という多摩川を見下ろす軽食・売店コーナー、きき酒処もあり、土産購入にも最適な施設だ。

 

沢井駅の次の駅が御嶽駅(みたけえき)だ。この駅で下車する観光客やハイカーも多い。御岳山へ登るケーブルカー・御岳登山鉄道の山麓駅近く、ケーブル下行のバスが発車するほか、駅近くに玉堂(ぎょくどう)美術館などの観光施設がある。

↑唐破風(からはふ)の玄関屋根が特長の御嶽駅。ホームの屋根の骨組みには1900年代初頭の古いレールが使われる(左下)

 

御嶽駅をおりて、駅前を散歩してみる。ちょうど駅を降りた下の交差点がT字路になっていて、青梅街道と都道201号線が合流する。この都道側を行くとすぐのところに多摩川が流れ、御岳橋が架かる。

 

橋の上から川面を見下ろすと、カヌーを楽しむ人たちが複数人いた。駅のすぐそばにカヌー、カヤック、ラフティング、SUP(ハワイ生まれのStand Up Paddle boardの略)が楽しめる「コンセプト・リバーハウス」という施設があり、そちらで楽しんでいる人たちだった。駅から徒歩3分で、アウトドアスポーツが楽しめるというのだから、東京都内とは思えない。橋の上から見るだけだったが、すっかり涼味をいただいた。

↑御嶽駅から徒歩3分の多摩川のポイントでカヌーに興じる人たち。スクール指導も行われ、安全に楽しむことができる

 

御嶽駅で忘れてはいけないのは御岳山であろう。駅前を通る青梅街道沿いに西東京バスの御岳駅バス停があり、そこから10分でケーブル下停留所へ。そこから徒歩で5分ほど歩けば山麓駅にあたる御岳登山鉄道の滝本駅がある。ケーブルカーに乗車して6分で御岳山駅に到着する。

 

御岳山は山岳信仰の対象となっている山で標高は929m。山上には武蔵御嶽神社がある。御岳登山鉄道の終点、御岳山駅から神社までは徒歩で25分ほどかかる。御岳山を起点にして、周りの大岳山などを巡るハイカーも多い。ちなみに御岳山の中を都道201号線が通っているが、こちらの道は許可を受けた人のみしか通行ができない。

 

東京都内では高尾山とならぶ山岳信仰の霊場とされ、中心となる武蔵御嶽神社の創建は紀元前とされる。ちなみに、御岳登山鉄道も高尾山でケーブルカーやリフトを運行する高尾登山電鉄も京王グループの一員である。都内でケーブルカーはこの2社のみだが、両社とも京王の関連会社というところも興味深い。

↑青梅街道沿いにある西東京バスの御岳駅バス停(左上)。バスが着くケーブル下から御岳登山鉄道の滝本駅まで5分ほど歩く

 

多くのスポットがある御嶽駅だが、筆者が訪れた時には、駅近くで地元の農家が山葵(わさび)の販売をしていた。御岳付近は山葵栽培が盛んな地域。筆者が訪れたのは7月だったが、1本100円から大きさいろいろの山葵を何本か購入できた。

 

清流で育てられた風味豊かな御岳の山葵。御嶽駅のそばで収穫体験もできるスポットもある。旬は初夏だが、山の中での山葵収穫も楽しそうだ。

 

【青梅線はワイルド⑥】川井駅近くのワイルドなアーチ橋

御嶽駅からさらに奥を目指そう。御嶽駅から先の開業は1944(昭和19)年7月1日と戦時中のことだった。物資が乏しい時代に開業となったわけは、前回に触れたように、沿線で産出される石灰石の輸送を早急に進めたかったからである。こうした時期に開業した路線だけに、施設にも資源の節約傾向が見て取れる。

 

例えば、御嶽駅の次の駅の川井駅(かわいえき)。駅のすぐそばに青梅線のアーチ橋が架かる。アーチ橋は、橋梁の建設方法として古くから用いられてきた構造の一つで、アーチ構造により荷重を上手く支えることができるとされる。昭和10年代になると鋼材を節約するために、全国でコンクリートアーチ橋(鉄筋コンクリート構造)が普及した。

↑川井駅(中上)近くの大丹波川橋梁。左上はその西側に架かる川井沢橋と呼ばれるアーチ橋。こちらは補強工事が完了していた

 

青梅線でも御嶽駅から先に架かる橋の大半がコンクリートアーチ構造の橋が用いられている。中でも川井駅の西側に架かる大丹波川(おおたばがわ)橋梁75.4mは並走する青梅街道(国道411号)から見上げると迫力がある。橋の構造は電車の中から見ることができないため、興味のある方はぜひ降りて上空を眺めていただきたい。それこそワイルドな姿を拝むことができる。

 

大丹波川橋梁は、開業したころの姿を残しているが、その西隣の川井沢橋(または川井沢ガード)と呼ばれるアーチ橋を見上げると、橋の下部の曲線部分の補修工事が行われていることが見て取れた。竣工(1941年)してから81年たち、こうした補強も徐々に進められているのだろう。

 

川井駅から先、古里駅(こりえき)〜鳩ノ巣駅(はとのすえき)間には入川橋梁が架かる。さらに鳩ノ巣駅〜白丸駅(しろまるえき)間には西川橋梁がかかる。大半がアーチ一つ(一連)で下から見ると美しく感じる構造物である。

 

下からはアーチ橋の構造が見て取れるが、上空高い位置に架けられたアーチ橋を渡る電車の車窓からは、多摩川の景観が楽しめる。特にアーチ橋が連続する川井駅付近では、並行して走る青梅街道よりもかなり上を走るため多摩川の渓谷のパノラマがしっかりと楽しめる。これが青梅線「東京アドベンチャーライン」最大の魅力と言っても良いだろう。

 

【青梅線はワイルド⑦】都内で最も標高が高い駅・奥多摩駅

白丸駅の先には青梅線最長の氷川トンネル1270mがあり、抜けると終点の奥多摩駅がもうすぐだ。

↑ロッジ風山小屋がシンボルの奥多摩駅。駅前から奥多摩湖方面などへ路線バスが多く発車する。写真はコロナ禍前の賑わっていたころ

 

青梅駅から約35分で、終点の奥多摩駅に到着した。この駅は都内で最西端の鉄道駅で、標高は都内の鉄道駅でトップだ。といっても海抜343mで、東京タワー(海抜高351m)よりも低いのだが。

 

奥多摩駅は開業当時、氷川駅と呼ばれた。当時は駅があったのが氷川町だったからである。その後に1955(昭和30)年に氷川町はじめ3町村が合併して奥多摩町となった。駅名の変更はそれから遅れること16年、1971(昭和46)年に現在の奥多摩駅に改称している。駅舎は「ロッジ風の山小屋駅」で、この駅舎が「自然ゆたかな奥多摩に似合っている」として関東の駅百選にも選ばれている。

 

駅舎の1階には奥多摩観光協会が運営する売店、そして2階にはカフェがある。また駅前には飲食店が数軒あり、山中の終点駅ながら開けたイメージだ。奥多摩駅のおもしろいのはトイレに登山靴やトレッキングシューズを洗うためのシャワーが設置されているところ。ここで靴を洗ってからお帰りくださいということなのだ。ハイカーの利用者が多いことをうかがわせる施設である。

 

駅のすぐ近くには奥多摩工業氷川工場がある。この奥多摩工業こそ、実は御嶽駅〜氷川駅(現・奥多摩駅)の鉄道敷設免許を出願し、工事を進めていた「奥多摩電気鉄道」の今の会社名である。結局、自社での鉄道開業は適わず、鉄道敷設免許および建設中の路線は1944(昭和19)年4月に国有化され、この年の12月に会社名を奥多摩工業と変更した。当時、同社の社員は悔しくやるせない思いをしたに違いない。

↑奥多摩駅の北隣りにある奥多摩工業氷川工場。コンクリートの粉体を積んだ大型バルク車の出入りが見られた

 

【青梅線はワイルド⑧】かつては奥多摩湖まで線路が伸びていた

ここで青梅線の旅は終了とならない。かつて線路が奥多摩駅の先まで延びていたのである。線路は奥多摩駅の北隣の奥多摩工業氷川工場内に延び、石灰石の輸送が行われた。

 

さらにその先、6.7kmの貨物専用線が敷かれていた。この貨物専用線は「東京都水道局小河内線(おごうちせん)」と呼ばれる路線で、多摩川の上流に小河内ダム(奥多摩湖)を建設するために造られた。玉川上水や江戸川からの水だけでは将来、都内の水不足は深刻になると予想されたために〝東京の水がめ〟が必要と考えられた。この路線はダム造りのために設けられた専用線だった。

 

当時、トラック輸送の能力は心もとなく、ダム造りといった大型プロジェクトには、こうした専用線が欠かせなかったわけである。

↑東京都水道局小河内線の休線跡。今も一部に線路が敷かれたままになっている。その横をハイキング道が通る

 

そして旧氷川駅から水根駅(みずねえき)に至る専用線が1952(昭和27)年に造られた。多摩川上流部の険しい山を切り開いて造られた路線とあって、橋梁23か所・計1.121km、トンネル25か所・計2.285kmにも達した。非電化でSLが牽引に使われたが、勾配も最大30パーミル(1000m走る間に30mのぼる)あり、非力なSLでの輸送は、かなり手間がかかったと伝えられる。

 

さらに、青梅線の路線もこの貨車輸送を進めるために強化費用が出されて路線改良を行っている。こうした大変な手間をかけて路線を造ったことにより、1957(昭和32)11月26日に小河内ダムは竣工した。一方で、東京都水道局小河内線は同年の5月10日に資材輸送が完了、お役ごめんとなった。同線にはまだ後日談がある。

↑奥多摩駅から徒歩6分ほどの「奥多摩むかしみち」の入口(右下)。そこから登った先に小河内線の休線がある。トンネル跡も望める

 

資材輸送は完了して路線は休止となったが、正式な廃線にはなっていない。路線はまず1963(昭和38)年9月21日に西武鉄道へ譲渡された。西武鉄道では奥多摩湖を観光地化し、拝島線から青梅線への乗り入れ列車を走らせようと計画した。ところがさまざまな理由から整備計画は頓挫する。15年にわたり、西武鉄道が保有していたが、1978(昭和53)年3月31日に奥多摩工業に譲渡された。

 

そして今も奥多摩工業が保有する鉄道用地となり「水根貨物線」という名前も持つ。奥多摩電気鉄道として創始した同社が計画し、工事を始めた路線は青梅線として国有化されたが、そこにつながる路線の用地を今も保有しているというわけである。何とも不思議な縁である。

 

「奥多摩むかしみち」と名付けられたハイキングコースは、この休線を横切り(休線内は立入禁止)、国道411号に平行する橋なども見ることができる。残る線路を一部利用して、トロッコを走らせようというプランも持ち込まれたが、成就していない。

 

筆者は奥多摩駅を訪れるたびに気になってこの休線を訪れているが、年々、覆う緑が深まっているように感じる。そして何度か訪ねているにもかかわらず、見落とした箇所がまだあった。

↑奥多摩工業氷川工場の下を流れる日原川。上流は木々に覆われて見えないが、「水根貨物線」の巨大なアーチ橋が残されている

 

奥多摩駅のすぐ近くを流れる多摩川の支流・日原川(にっぱらがわ)。この日原川を渡るアーチ橋が残っていることに地図を見ていて気がついたのである。カーブしつつ川を渡った日原川橋梁と呼ばれるアーチ橋で、列車が運行していたころに撮影した絵葉書や写真を見て、その大きさ、ダイナミックな路線造りに驚かされた。この橋がまだ残っているとは知らなかった。次に訪れる時はぜひ日原川橋梁の姿を確認したいと思った。